産経ニュース

アルツハイマー型認知症 「メタボ」が発症・進行のリスク

ライフ ライフ

記事詳細

更新


アルツハイマー型認知症 「メタボ」が発症・進行のリスク

アルツハイマー病患者のCT画像

 ■生活習慣の改善で予防

 記憶や思考能力が徐々に失われるアルツハイマー型認知症。その発症や進行には、メタボリックシンドローム(内臓脂肪症候群)が大きなリスクになっていることが、疫学研究などで明らかになりつつある。メタボが原因で神経の保護作用が弱まったり、高血圧を引き起こしたりして、脳細胞を認知症になりやすい状態にしているとみられる。決定的な治療法のないアルツハイマー型認知症。メタボの解消が予防に役立ちそうだ。(坂口至徳)

                   

 ◆悪玉の生理活性物質

 関西在住の82歳のA子さんは、5年前から物忘れがひどくなり、奈良県立医科大神経内科学の上野聡教授の診察を受けた。その結果、季節に合わせた衣服が選べないなどの中等度のアルツハイマー型認知症と診断された。

 ふだんは活発に動いているが、腹囲が97センチ、内臓脂肪の面積が118平方センチもあり、内臓脂肪の異常蓄積を示す「腹囲90センチ以上、内臓脂肪の面積100平方センチ以上」(女性の場合)を満たし、血圧なども高く、明らかにメタボ。このため、高血圧や高血糖の治療や食生活の改善指導などをして、経過を観察している。

このニュースの写真

  • アルツハイマー型認知症 「メタボ」が発症・進行のリスク
  • アルツハイマー型認知症 「メタボ」が発症・進行のリスク

「ライフ」のランキング