産経ニュース

〝座りション派〟男性50%超 「立」にも配慮したトイレ便器登場

ライフ ライフ

記事詳細

更新


〝座りション派〟男性50%超 「立」にも配慮したトイレ便器登場

座りションを促す「男性トイレマナーステッカー」のお願いメッセージタイプ(上)と、標識タイプ(下)が貼られたテクテク社内のトイレ(パナソニックエコソリューションズ提供)

 男性が洋式便器に座って小用を足す「座りション」の定着を受け、男女共用便器を使うマナーとして着座を促すステッカーが好評だ。男性の着座小便率が50%を突破したとの調査もある。しかし、“男の特権”とされてきた「立ちション」派も少なくないため、男性の座位と立位のいずれも想定した便器が登場した。(寺田理恵)

 ◆「掃除がいや」

 屋外用チラシケースなどを販売する「テクテク」(愛知県豊橋市)は、着座を促す「男性トイレマナーステッカー」を1月に発売した。禁止を示す標識タイプのほか、「モテる男は座りション!」など、さりげなく着座を求めるデザインも作成し、インターネットで「男性のプライドを傷付けず、言わなくても分かる」などとアピールして販売。売れ行きは好調で、購入者には一般家庭のほか居酒屋や幼稚園もあった。

 開発のきっかけは自社内トイレのリフォーム。老朽化した男女共用の和式便器を、男性用小便器と男女共用の洋式便器に改修したところ、共用便器で男性社員が立って小用を足すことに女性社員から不満が出た。

 「飛び散った小便を掃除するのがいや」「お客さんも使う」。トイレが新しくきれいになっただけに、小便による汚れが気になりだした。ステッカーをデザインした小瀬木信浩さん(45)は「社員数は女性が1人多い。社内の議論では、女性から『大便のときは男性も座る』という指摘もあった」。

このニュースの写真

  • 〝座りション派〟男性50%超 「立」にも配慮したトイレ便器登場

「ライフ」のランキング