産経ニュース

【まぜこぜエクスプレス】本当に必要な支援を考える

ライフ ライフ

記事詳細

更新

【まぜこぜエクスプレス】
本当に必要な支援を考える

「発達障害のある子の自立に向けた支援_小・中学校の時期に、本当に必要な支援とは?」(萩原拓編著/金子書房、1800円+税、提供写真)

 萩原拓編著の『発達障害のある子の自立に向けた支援 小・中学校の時期に、本当に必要な支援とは?』(金子書房、1800円+税)が、3月末に刊行される予定だ。

 好評だった雑誌「児童心理」2013年12月号臨時増刊の書籍化。主に通常学級に在籍する知的な遅れのない発達障がいのある子供が、社会人になったときに困らないためには何ができるのかを、医療・教育・福祉・就労などさまざまなアプローチから考察する内容。発達障がいの当事者の片岡聡氏の寄稿も掲載されており、ステレオタイプな支援の横行に警鐘を鳴らす。(一般社団法人「Get in touch」編集部/SANKEI EXPRESS

「ライフ」のランキング