産経ニュース

希少金属の宝庫? 小惑星が地球に接近中 大きさは露に落下隕石の約30倍

ライフ ライフ

記事詳細

更新


希少金属の宝庫? 小惑星が地球に接近中 大きさは露に落下隕石の約30倍

地球に接近する小惑星のイメージ(Alamy)

 衝突すれば地球に甚大な被害をもたらす小惑星が26日、地球に最接近することが19日までに明らかになった。この小惑星は大きさが500メートルで、2013年2月、ロシア南部チェリャビンスク州周辺に落下し、甚大な被害をもたらした隕石(いんせき)の約30倍の大きさにあたる。衝突すれば間違いなく地球に大きな影響を与えるはずだが、米航空宇宙局(NASA)によると、衝突の危険性はないという。NASAでは、アマチュアの天文学研究家らに「壮大な宇宙ショーを小型望遠鏡などで楽しんでほしい」と呼びかけている。(SANKEI EXPRESS)

月までの距離の3.1倍

 13日付のNASAのジェット推進研究所の公式サイトや18日付英紙デーリー・テレグラフ(電子版)などによると、問題の小惑星は「2004 BL86」。NASAと米空軍などによる共同プロジェクト「リンカーン地球近傍小惑星探査」でニューメキシコ州ホワイトサンズに設置した電波望遠鏡が2004年1月30日に発見した。このプロジェクトは地球近くの小惑星の発見・追跡を目的に1970年代後半から続いており、98年以降の小惑星のほとんどがこのプロジェクトで発見されている。

「ライフ」のランキング