産経ニュース

【話題の肝】「アマゾンでウチの本は売らない」巨人に立ち向かう小規模出版社の“矜持”

ライフ ライフ

記事詳細

更新

【話題の肝】
「アマゾンでウチの本は売らない」巨人に立ち向かう小規模出版社の“矜持”

記者会見で、アマゾンへの本の出荷を停止したと明らかにした晩成書房の水野久社長(右)と緑風出版の高須次郎社長(中央)ら=平成26年5月、東京都文京区

 今や実質的に「日本一の書店」となったアマゾンが、学生向けに展開するポイントサービスが、再販制度が禁じる「値引き販売」に当たるとして、小さな出版社3社が、自社の出版物をアマゾンに出荷しない措置を続けている。圧倒的な販売力と洗練された流通システムで、出版業界に風穴を開けた海外の巨大なパワープレーヤーに対して、異議を申し立てた真意とは--。(戸谷真美)

「今やらなければダメ」

 「今(出荷停止を)やらなくちゃダメなんですよ。時間がたってしまえば、今よりもっとアマゾン(を通じて売る本)の割合は増えていくでしょうから」

 平成26年5月からアマゾンへの出荷停止を続けている「晩成書房」(東京都千代田区)の水野久社長はこう話す。演劇関連の書籍を中心に出版する同社が、アマゾンへの出荷を止めた出版物は約440点。同時期に出荷停止に踏み切った「緑風出版」(文京区、高須次郎社長)、「水声社」(同、鈴木宏社長)の出版物と合わせ約2700点に上る。

 アマゾン経由の売り上げは3社とも、自社の直販を除く売り上げ全体の1~2割を占め、決して小さい数字ではない。「出荷停止は誰もやったことがないことだし、影響がどれくらいかわからない。でも、打てる手はそれしかなかったんです」と水野社長は苦笑混じりに振り返った。

「ライフ」のランキング