産経ニュース

食べ過ぎの胃腸疲れ、免疫力低下や冷えに 消化しやすい旬の野菜で一工夫

ライフ ライフ

記事詳細

更新


食べ過ぎの胃腸疲れ、免疫力低下や冷えに 消化しやすい旬の野菜で一工夫

 今年も残りわずか。大掃除や忘年会で疲れ気味という人もいるだろう。年末年始に高カロリーな食事を食べ続けると、胃腸を疲れさせてしまうこともある。胃に優しい年末年始の料理法などを聞いた。(村島有紀)

消化酵素で

 「食べ過ぎると消化器官に負担がかかり、疲れや免疫力の低下、冷えの原因になります」と話すのは、東京都町田市の料理研究家、渡辺共可さん。渡辺さんは、マクロビオティック(玄米菜食)アドバイザーでもあり、旬の食材を使って快便を促す料理法などを研究している。大みそかから正月三が日の夜に食べる、胃に優しい食事を考案してもらった。

 例えば、大みそかの年越しそば。具には、消化を促す酵素が多く含まれる大根を使う。すりおろしてつゆで温めるのは、食物繊維をつぶして軟らかくすることで、胃への負担を和らげるためだ。「胃の中に消化しない食べ物が残ったまま、寝てしまうと就寝中にも胃は働き続け、体がゆっくり休めない。年越しそばも就寝の3時間前までに食べ終えるのが理想」と渡辺さん。

このニュースの写真

  • 食べ過ぎの胃腸疲れ、免疫力低下や冷えに 消化しやすい旬の野菜で一工夫

「ライフ」のランキング