産経ニュース

高まる療養支援士の必要性 病気の子供の不安を解消

ライフ ライフ

記事詳細

更新


高まる療養支援士の必要性 病気の子供の不安を解消

手術を控えホスピタル・プレイ士から説明を聞く女の子。マジックテープをはがしたりしながら自分が着る手術衣を確認した=大阪府和泉市の府立母子保健総合医療センター

 病気になった子供が抱く不安、恐れ、入院生活のストレスを、遊びや精神的サポートなどを通して取り除く「子ども療養支援士(CCS)」。欧米では半世紀近い歴史をもち、専門職として子供病院や小児病棟でチーム医療を担う。ただ日本での認知度はまだ低く、国内で活躍しているのは約40人。病気の子供たちの権利の一つとして、CCSの普及を求める声が高まっている。(服部素子)

写真を見せながら

 「明日、着替えて待っていると、ベッドがお迎えにくるよ」

 大阪府立母子保健総合医療センター(大阪府和泉市)のプレールーム。翌日手術を受ける4歳の女の子を前に、ホスピタル・プレイ士と呼ばれる同センターのCCSが、病室から手術室までの廊下やドア、ベッドを押す看護師の姿、手術室の天井のライトなどの写真を見せながら話しかける。

 「朝起きたら、これに着替えるんだよ。『手術衣』っていうんだけど、言えるかな?」「このマスクをお口のところにあてると、ブドウのにおいがするよ」と話しながら手術衣やマスクを見せると、緊張気味だった女の子も、うなずく。

 このやりとりは、「心の準備」(プレパレーション)と呼ばれる、CCSの重要な仕事の一つ。

このニュースの写真

  • 高まる療養支援士の必要性 病気の子供の不安を解消

「ライフ」のランキング