産経ニュース

【日本の議論】ロボットは介護現場を変えるか

ライフ ライフ

記事詳細

更新

【日本の議論】
ロボットは介護現場を変えるか

マッスルスーツを装着し、高齢者をベッドから浴槽に移す介護職ら=東京都内

開発と利用の協力必須

 介護現場の腰痛や人手不足の解消策として、介護ロボットへの関心が高まっている。政府がまとめた「日本再興戦略」にも医療・介護サービス現場でのロボット技術の活用が盛り込まれた。実用化を果たした介護ロボットがある一方で、開発現場と介護現場には依然、隔たりもある。最前線をリポートする。(佐藤好美)

                   ◇

 訪問入浴サービスの「アサヒサンクリーン」(静岡市)は3カ月前、全国約230の事業所に装着型介護ロボット「マッスルスーツ」を導入した。背中に背負った人工筋肉が抱え上げの動作を補助し、腰にかかる負担を3分の1に減らす。

 同社の訪問入浴は1チーム3人態勢で、1日に6、7人を介助する。この日、東京都内の高齢者宅では、看護師が寝たきりの高齢男性(89)のつめを切り、ひげを当たった。その後、別のスタッフがマッスルスーツを背負って男性の上半身を抱え、2人がかりでベッドから浴槽に移した。

 マッスルスーツを開発したのは、東京理科大学の小林研究室。4年前、機器を開発中だった小林宏教授に、アサヒサンクリーン側が「介護現場で使えないか」と、相談を持ちかけた。

「ライフ」のランキング