産経ニュース

「AV見ろと言われても」「タイミングと聞くだけでなえる」…“妊活”に苦悩する夫たちの“本音”

ライフ ライフ

記事詳細

更新


「AV見ろと言われても」「タイミングと聞くだけでなえる」…“妊活”に苦悩する夫たちの“本音”

 晩婚化が進む日本では、不妊に悩むカップルは6~10組に1組に上るとされる。一般的に不妊治療のために病院に駆け込む以前に夫婦がトライするのは、妊娠しやすい時期を狙って性交するタイミング法。しかし、夫は妊娠の仕組みや妻の体調の変化には無知な場合が多い。「この日にお願い」と言われる夫の気持ちはどうなのか? 夫側の気持ちを聞いてみると…。

「この日、お願い」にプレッシャー

 妊娠、出産、育児に関するスマートフォン向け情報サイト「ルナルナファミリー」を提供するエムティーアイ(東京都新宿区)が8月に会員602人(女性)にアンケートしたところ、妊活開始の平均年齢は30.9歳。平成23年の妻の平均初婚年齢が29歳だから、結婚2年以内に妊活を開始している計算だ。

 妊活内容は、「基礎体温を付ける」(79.2%)、「情報収集」(49.8%)、「産婦人科受診」(36.2)%を上回り、「排卵日に合わせた性交渉」が最も多い86%(複数回答)。妊娠希望の妻の多くがタイミング法を利用しているようだ。

 一方、夫側からは「タイミングと聞くだけで元気がなくなる」という意見も。不妊カップルから相談を受けることが多い都内の産婦人科医、竹内正人さん(53)は「男性は、女性が思う以上にナイーブ。妊娠のためのタイミングを計られているというだけで、男として否定されたようで、落ち込みます」。

 都内のある会社員(38)は、第2子を希望する妻から「この日、お願い」と頼まれたが、プレッシャーが高くなりすぎ断念。妻からは次回、アダルトビデオを見る提案をされ「ここまでする必要があるのか」と男のプライドをひどく傷つけられた。

関連ニュース

妊活、より正確なタイミング法は? 排卵の2日前、月経周期をデータ化

「ライフ」のランキング