産経ニュース

70歳以上の傷害保険 足の骨折に厚めの補償も

ライフ ライフ

記事詳細

更新


70歳以上の傷害保険 足の骨折に厚めの補償も

高齢者のけがは介護が必要となる原因にも (本文とは関係ありません)

 ファイナンシャルプランナーの山中伸枝さんは「高齢者は情報を得る機会が少なく、医療費の負担増に不安を感じる人がいる。民間保険への加入で安心感を得られるかもしれないが、公的保障で賄われる部分は大きい。公的保障がどの程度か確かめた上で加入を検討すべきだ」と話している。

 ■70~74歳の医療費負担増

 70~74歳の人の医療費は、窓口負担が今年4月に1割から2割へ変更され負担増となっている。平成18年の法改正で20年4月から2割とされたが、特例措置で1割に据え置かれていた(現役並み所得者は3割)。しかし、今年4月以降は新たに70歳になった人から順次、本来の2割に戻されている。それでも、70歳になれば70歳未満の3割より軽くなる。今年3月までに70歳になった人は1割のままだ。

 医療費の自己負担に上限を設ける高額療養費制度もある。70歳以上の上限額は、所得に応じて月8000~4万4400円(外来の場合)など70歳未満より低い。ただ、70歳以上の人にも支払い能力に応じた負担を求めるべきだとの議論がある。

「ライフ」のランキング