産経ニュース

【自作再訪】半藤一利さん「日本のいちばん長い日」 歴史の「ウソ」常識で判断

ライフ ライフ

記事詳細

更新

【自作再訪】
半藤一利さん「日本のいちばん長い日」 歴史の「ウソ」常識で判断

 ■戦争は始めるのは簡単だけど、終わりにするのは大変。この一言に尽きます。

 あの大戦争を止めるのは、一筋縄ではいかなかった。太平洋戦争で日本が降伏を最終決定した昭和20年8月14日から、国民に正式発表される翌15日正午までの政府中枢の緊迫した1日を描く作家、半藤一利さん(84)のノンフィクション『日本のいちばん長い日』(昭和40年)は映画化もされ、刊行後ほぼ半世紀を経たいまなお読み継がれるロングセラーだ。(聞き手 磨井慎吾)

 この本を書く少し前に、「史上最大の作戦」というノルマンディー上陸作戦を描いた米国の映画が話題になりましてね。その原題が「ザ・ロンゲスト・デイ(いちばん長い日)」。タイトルはそこから拝借しました。対象を1日に絞り込んで書くと、すごいドラマが生まれるだろうというのは、この映画で得た発想です。で、日本で題材を探したら、8月14日昼の御前会議から15日正午の玉音放送までがちょうど1日。これがいいと思った。終戦時の詳しい経緯は、当時まだ一般にあまり知られていませんでしたから。

 一口に国を愛すると言っても、いろんな人がいろんな愛し方をするわけです。ただ最も危機的な状況にあって、一つの重大事が決定されるとき、人間としてどう動くかというのは、はっきり出てくると思いますね。

「ライフ」のランキング