産経ニュース

【書評】『国民の神話 日本人の源流を訪ねて』産経新聞社著 評・浅野温子

ライフ ライフ

記事詳細

更新

【書評】
『国民の神話 日本人の源流を訪ねて』産経新聞社著 評・浅野温子

 ■古事記に現代社会との接点

 本書では『古事記』ゆかりの地を丹念に取材して歩きながら、神々の物語の背景を一つ一つひもといてくれます。

 例えば、『古事記』では天上界にあるとされる天岩屋戸が、今の日本各地に多数存在すること。そのいずれもが太陽と関係の深い場所にあることから、太陽神=天照大神が日本人の中に定着したこと。

 また、砂鉄の産地で、大雨のたびに赤い濁流となって暴れる出雲の斐伊川が、ヤマタノオロチのモデルだとする説、コノハナサクヤビメが炎の中で出産する「火中出産」の習俗が、奄美大島などに由来するという説などを、関係者の証言を織り交ぜながら丁寧に解説してくれています。

 古(いにしえ)と今との距離を縮め、1300年前に生まれた『古事記』に現代社会との接点を見いだそうとする試みに、深い共感を覚えながら読ませていただきました。

 私自身、この十数年『古事記』の世界と取り組み、そこに現代に通じるテーマを求めてきました。2003年、私は『古事記』に独自の解釈を加えて脚色し、一人語りする舞台『浅野温子 よみ語り』の活動を始めました(2010年5月、現タイトルに)。

 『古事記』というと、少々難解なイメージがあるかもしれませんが、実際に読んでみると、そこに描かれているテーマは、「一目惚(ぼ)れの恋」や「夫の浮気」「妻の嫉妬」、さらに「いじめ」や「兄弟の仲違い」など、驚くほど現代人に身近なものばかりです。神々も我々(われわれ)人間と同じように失敗を繰り返しながら、そのつど立ち直っていることを教えてくれるのです。

「ライフ」のランキング