産経ニュース

試験中、立ち歩きや泣き出しも 英検、幼児急増で協会苦慮

ライフ ライフ

記事詳細

更新


試験中、立ち歩きや泣き出しも 英検、幼児急増で協会苦慮

 試験中は立ち歩かないで-。英語のレベルを計る実用英語技能検定(英検)で、バイリンガル教育を受けたとみられる幼児の受験が盛んになっている。実施主体の公益財団法人「日本英語検定協会」によると、昨年度の5歳以下(未就学児)の受験申し込み(志願)者は10年前の5倍に当たる約2500人。しかし一部には試験中に立ち歩く幼児もおり、試験の妨げにもなっている。同協会は、年少者受験の注意点を受験申込書やホームページに掲載するなど対応に苦慮している。

 「今や試験会場に保護者の控室は必須。当然、小さい子も1人で試験を受けるのですが、時間の長い試験なので途中で飽きてしまって、立ち歩いたり、騒ぎ出したり…。問題ができなくて泣き出す子もいます。ここ数年、中高生や大学生に混じってすごく小さい子の受験が増えている印象」と話すのは、同協会広報調査課長の皆川英明さん。

 英検の年間受験者は約236万人。少子化や他の検定試験などの影響で減少傾向にある。しかし、小学生の志願者は平成15年度の12万5千人から昨年度は22万人で1・8倍、未就学にあたる5歳以下は477人から5・2倍の2505人に増加した。

「ライフ」のランキング