産経ニュース

「結婚したい」20代女性、10年前より増加 「婚活ブーム」背景か

ライフ ライフ

記事詳細

更新


「結婚したい」20代女性、10年前より増加 「婚活ブーム」背景か

男性は横ばい

 20代の独身女性の結婚意欲が10年前より向上し、75.6%が「結婚したい」と考えていることが6日、厚生労働省の21世紀成年者縦断調査で分かった。一方、結婚したい20代の独身男性は61.9%と横ばいだった。「婚活ブーム」が背景にあるとみられ、男女の意識差が鮮明になった。

 調査は平成24年10月末に20代だった全国の男女を対象に実施。少子化対策に生かすため、10年前の調査と比較した。

 これによると、結婚について「絶対したい」と答えた独身女性が41.3%だったのに、男性は26.5%と低迷。「なるべくしたい」は女性34.3%、男性35.4%だった。この2つを合計した「結婚したい人」は10年前、女性69.9%、男性61.8%で、今回は女性のみ増えていた。また、男女ともに、雇用や収入が不安定な「非正規労働者」の結婚を望む率が低かった。

所得多いほど…

 一方、現在交際している異性の有無を聞くと、「いる」と答えた独身男性は25.5%、独身女性は37.2%。男女とも所得が多いほど交際相手がいる割合が高く、男性の場合「年収100万円未満」(17.2%)と「300万~400万円」(34.4%)で倍の差があった。

 厚労省では10年前に調査した男女の動向も追跡調査を実施。10年前に結婚を望んでいなかった男性で、その後に結婚した人は2割しかおらず、「今回の調査結果を少子化対策に生かしたい」としている。

「ライフ」のランキング