産経ニュース

【江藤詩文の世界鉄道旅】ゴルナーグラート・モンテローザ鉄道 車窓からマッターホルン…“絵に描いた”アルプスが目の前に

ライフ ライフ

記事詳細

更新

【江藤詩文の世界鉄道旅】
ゴルナーグラート・モンテローザ鉄道 車窓からマッターホルン…“絵に描いた”アルプスが目の前に

ゴルナーグラート駅から、ローテンボーデン駅に向かって駆け下りてくるゴルナーグラート・モンテローザ鉄道(江藤詩文撮影) ゴルナーグラート駅から、ローテンボーデン駅に向かって駆け下りてくるゴルナーグラート・モンテローザ鉄道(江藤詩文撮影)

 進行方向右手前方に、あの名峰がくっきりと姿を現した。マッターホルンだ。澄みきった青空を背景に、うっすらと雪を残す冴え冴えとした姿は、神々しささえ感じさせる。ほうっ…。声にならないため息が、満員の車内に満ちた。窓の外にマッターホルンって。あまりの非現実感に軽く目眩を覚える。

 ゴルナーグラート・モンテローザ鉄道は、標高1620mのツェルマットと標高3089mのゴルナーグラートを、わずか42分で結ぶ登山鉄道だ。標高差1469mを、アプト式ラックレールでぐいぐい登る。レールが噛み合うたびに起こるアプト式特有の小さな揺れと音が、心地いいったらない。一歩一歩堅実に大地を踏みしめるその姿はたくましく、安心感をもたらしてくれるのだ。そっけないほど無骨なビジュアルも好ましい。

 停車駅はフィンデルバッハ、リッフェルアルプ、リッフェルベルク、ローテンボーデン、そして終点のゴルナーグラート。どの駅からも、スイスアルプスを眺めながらの登山道やハイキングコースにアクセスできる。

続きを読む

このニュースの写真

  • ゴルナーグラート・モンテローザ鉄道 車窓からマッターホルン…“絵に描いた”アルプスが目の前に
  • ゴルナーグラート・モンテローザ鉄道 車窓からマッターホルン…“絵に描いた”アルプスが目の前に
  • ゴルナーグラート・モンテローザ鉄道 車窓からマッターホルン…“絵に描いた”アルプスが目の前に

「ライフ」のランキング