産経ニュース

観客動員数は最盛期の半数以下に…「F1」人気低迷の日本、復活の鍵は?

GQ JAPAN GQ JAPAN

記事詳細

更新


観客動員数は最盛期の半数以下に…「F1」人気低迷の日本、復活の鍵は?

 毎年3月になるとフォーミュラ1(F1)の新シーズンが開幕する。例年オーストラリアで幕を開け、11月末の中東アブダビまで世界各地で激しい戦いが繰り広げられる。日本の鈴鹿は10月開催だ。FOXだESPNだBBCだといった巨大グローバルネットワークが巨額の経費をかけて追いかけ回し、TV中継ではF1は相変わらずグローバルスポーツの上位に鎮座する。F1を主宰するリバティメディアが発表した2017年のTV視聴者数は14億。2016年と比べると6.2%もの増加だ。また、主要SNSによるF1フォロワーは1190万人に達する。TV視聴者の多い国はドイツを筆頭にブラジル、イタリア、イギリス……といったところだが、日本は上位20カ国にも入っていない。

F1第2戦バーレーンGPはセバスチャン・ベッテル(フェラーリ)が開幕2連勝を飾った。僅差で勝利を逃したのは2位のボッタス。3位ハミルトンとメルセデスが続いた。トロロッソ・ホンダのガスリーは4位でゴール。ホンダはF1復帰後の最高位を更新した。Photo: REUTERS?/?AFLO F1第2戦バーレーンGPはセバスチャン・ベッテル(フェラーリ)が開幕2連勝を飾った。僅差で勝利を逃したのは2位のボッタス。3位ハミルトンとメルセデスが続いた。トロロッソ・ホンダのガスリーは4位でゴール。ホンダはF1復帰後の最高位を更新した。Photo: REUTERS?/?AFLO

 現在でこそ日本におけるF1人気はこのように低迷気味だが、かつてはトップクラスの観客動員数、そしてTV視聴率を誇った。もっとも観客動員数が多かったのは2006年の36万1000人。翌年から日本グランプリの舞台が富士スピードウェイに移るということで、鈴鹿サーキット最後のF1を惜しむ人たちが集まった結果だといわれている。結局、富士スピードウェイのF1開催は失敗に終わり、3年後には鈴鹿サーキットに戻ってくるのだが、一度離れた観客は戻ってこなかった。その結果、ズルズルと観客の数は減り、昨年(2017年)の観客動員数は13万7000人。最盛期の半数にも満たなかった。

続きを読む

このニュースの写真

  • 観客動員数は最盛期の半数以下に…「F1」人気低迷の日本、復活の鍵は?