産経ニュース

ランボルギーニとサーヴェロの情熱から誕生したバイクとは?

GQ JAPAN GQ JAPAN

記事詳細

更新


ランボルギーニとサーヴェロの情熱から誕生したバイクとは?

 ランボルギーニは熱狂的なファンを惹きつけるスーパースポーツカーを作り続けている自動車メーカーだ。一方のサーヴェロは、トライアスロンバイクで世界中のトライアスリートたちから圧倒的な支持を得ている。この両社がコラボレーションすることで生まれたトライアスロンバイクが「サーヴェロ P5Xランボルギーニ・エディション」だ。 

 ジュネーブジュネーブ・モーターショーで披露されたサーヴェロ P5Xランボルギーニ・エディションは、その名が示すように、サーヴェロのトライアスロンバイク、P5Xがベースとなっている。サーヴェロは史上最速のトライアスロンバイクを生むために、トライアスリートたちを徹底してリサーチ。P5Xはトレーニング、レース、移動の各シーンにおけるトライアスリートのニーズに応えたバイクだ。 

 

 世界一過酷と評されるアイアンマンレースでは23本のウォーターボトルやパンク修理キットなどをバイクに収める必要がある。そのために大容量のストレージを備えている。アームレストやサドルの前後位置など、効率の良いペダリングに欠かせない各種調整は、ミクロレベルで可能。しかもアイアンマンレースでは180kmを走るため、強靱な剛性を確保しつつもエアロダイナミクスも重要になる。P5Xは風洞実験に180時間以上も費やして空気抵抗の少ない独自のフレームを採用しているのが特徴だ。

続きを読む

このニュースの写真

  • ランボルギーニとサーヴェロの情熱から誕生したバイクとは?
  • ランボルギーニとサーヴェロの情熱から誕生したバイクとは?
  • ランボルギーニとサーヴェロの情熱から誕生したバイクとは?