産経ニュース

これぞ新BMW流モテパターン? BMWの新型SAV、X2がやってくる!

GQ JAPAN GQ JAPAN

記事詳細

更新


これぞ新BMW流モテパターン? BMWの新型SAV、X2がやってくる!

 最大のフェイクポイントというかキーは、スタイリングだ。試乗する前に何度かネットニュースでX2を見たが、一見いまどきのSUV。スタイルに特化したアウディQ2や、トヨタC-HRに近い匂いを感じる。 

 ところが実物を見るとデザイン統括のトーマス・シチャ氏が「特別なことはさほどしていません」というようにボディサイドのウネリやボンネット回りなどは、既存のFFBMWと変わりない。 

 ただしポイントがあって前述したパンパー回りの素材マジックで軽く見せているのと、キドニーグリルを通常のFF系より底辺を伸ばして台形に見せているのと、なによりグラスエリアが極端にペッチャンコ。

 真横から見ると特に良く分かるが、サイドウィンドウがクーペ風に後に行くほど下がっている上、なにより絶対的に薄く、いわばチョップトップ風であり、屋根だけ潰したデフォルメ系デザインになっている。この頭の軽い、奇妙な凝縮感に僕らはイマドキ風だと騙されてしまうわけ。

 かたや間近に見ると、実物は思ったよりデカい。全長×全幅×全高は4360×1824×1526mmと普通のコンパクトハッチと比べても十分な長さと幅を持つだけでなく、リアから見ると上までガッチリ横幅があるのが分かる。

 インテリアも基本は兄弟車X1のガワ違い。グレードにもよるが上質なバックスキン風シート表皮と明るめのインパネを与えられているが、BMW王道のスポーツテイスト。

 名作クーペ「3.0CS」譲りのピラーエンブレムにも騙されるが、グラスエリア以外はしっかり実用的に出来ているのだ。

続きを読む

このニュースの写真

  • これぞ新BMW流モテパターン? BMWの新型SAV、X2がやってくる!
  • これぞ新BMW流モテパターン? BMWの新型SAV、X2がやってくる!
  • これぞ新BMW流モテパターン? BMWの新型SAV、X2がやってくる!
  • これぞ新BMW流モテパターン? BMWの新型SAV、X2がやってくる!