産経ニュース

おっ、いいじゃん! アルファロメオの新型セダン、ジュリアは想像以上の気持ちよさ

GQ JAPAN GQ JAPAN

記事詳細

更新


おっ、いいじゃん! アルファロメオの新型セダン、ジュリアは想像以上の気持ちよさ

 「ありふれた日常、そこから永遠にエスケープする……やがて、鼓動と駆動はひとつに、知性が導く感性の高みへ……」やや意味不明ではあるが、女性の口から歯切れよく語られる耳当たりのいい言葉が軽く心に引っ掛かる、アルファロメオ ジュリアのCM。

アルファロメオ ジュリア スーパー|Alfa Romeo Giulia Super アルファロメオ ジュリア スーパー|Alfa Romeo Giulia Super

 ジュリアはもともと1962年、1.3リッターのジュリエッタシリーズに代わるモデルとして生み出された、1.6リッター4気筒を積むアルファロメオで、最初は4ドアセダンのTIが登場、やがてクーペのスプリントGTやスパイダーなど多くのバリエーションが生み出されて、60年代のアルファの中核となったモデルだった。

 去年デビューした新生ジュリアはそのジュリアの名を復活させたクルマだが、ボディサイズは60年代のオリジナルとは比べ物にならないほど大きくなっている。往時のジュリアは4140×1560×1430mm、ホイールベース2510mm、今のジュリアは4635/45/55×1865×1435mm、ホイールベース2820mm。ま、時代の成せる業だろう。

 現在のジュリアのラインナップは、ジュリア、同スーパー、同ヴェローチェ、同クアドリフォリオの4モデルで、前3車が2リッター直4ターボを搭載、最後のクアドリフォリオが3リッターV6ツインターボを積む。駆動方式は基本RWD=後輪駆動だが、ヴェローチェだけはAWD=4WDだ。

 果たして現代のジュリアは、鼓動と駆動がひとつになって、知性が導く感性の高みへと導いてくれるクルマなのか? それを知るべく、去年暮れも押し迫った頃、スーパーとヴェローチェの2台を伊豆のワインディングロードに解き放ってみた!

 最初に乗ったのは200psエンジンと8段ATで後輪を駆動するブルーのジュリアスーパーだが、まずそのインテリアが目を惹いた。特にダッシュボードからコンソールに掛けての造形がちょっと特徴的で、明るい色調の無垢な感じに仕上げられたウッドパネルもいい感じだ。ベージュのシートの身体へのフィット感も上々である。

 走り出してみると、おっ、いいじゃん、という実感。近年のアルファロメオの多くに感じられた、ボディとシャシーがどことなくルーズな感触が完璧に払拭され、剛性感たっぷりなボディの下で、カッチリとした脚が滑らかに動いている感じ。

続きを読む

このニュースの写真

  • おっ、いいじゃん! アルファロメオの新型セダン、ジュリアは想像以上の気持ちよさ
  • おっ、いいじゃん! アルファロメオの新型セダン、ジュリアは想像以上の気持ちよさ
  • おっ、いいじゃん! アルファロメオの新型セダン、ジュリアは想像以上の気持ちよさ