産経ニュース

ミニバンにさようなら マツダの新世代クロスオーバーSUV、CX-8が売れる理由

GQ JAPAN GQ JAPAN

記事詳細

更新


ミニバンにさようなら マツダの新世代クロスオーバーSUV、CX-8が売れる理由

 マツダから魅力的なニューモデル、CX-8が登場した。昨今のマツダらしい質感高いデザインに、最大7名の乗車定員、そして運転する歓びを兼ね備えた新世代のクロスオーバーSUVだ。

マツダ CX-8|Mazda CX-8CX-8のボディサイズは全長4900×全幅1840×全高1730mm マツダ CX-8|Mazda CX-8CX-8のボディサイズは全長4900×全幅1840×全高1730mm

 米国では、もうワンサイズ大きいCX-9というモデルを販売しているが、そのパーツを数多く使いながら日本にジャストフィットするサイズとして開発したのが、今回のCX-8である。

 CX-8のボディサイズは全長4900×全幅1840×全高1730mm、ホイールベース2930mmと余裕あるサイズに3列シートを備えたパッケージングを特徴とする。エンジンは2.2リッターディーゼルで、前輪駆動モデルと4輪駆動モデルを用意する。

 「ショールームに家族連れが戻ってきました!」とマツダの広報部が言うように、おとなでも3列目シートを使える機能性の高い居住空間がセリングポイントだ。2列めシートは前後120mmのスライド機構も付いていて、想像以上に使い勝手が良い。

 いっぽうで肘掛け付きキャプテンシートを2列目に備えた仕様もある。おとながパーソナルユースするのにも、まことに具合がいい。贅沢で快適な雰囲気をしっかり持っているのだ。

 全高は1730mmあるのだけれど、スタイリングは伸びやかな印象で、ミニバンに代表されるファミリー的な要素はほぼ皆無。かと言ってクロカンのようなゴツさもなく、美しい面構成を持つボディに、クロームを使ったウィンドウのモールがよく似合っていて、おとなっぽいテイストがうまく調和しているように思う。セダンやステーションワゴンといった都会的なクルマからでも、すんなり乗り替えることができるだろう。

 昨今のセダンベースのステーションワゴンは、とりわけ後席乗員の着座位置がやたら低い(側方からの衝突安全性を確保するためらしい)が、CX-8は座面高も適正で乗降が楽なのも、このクルマのいいところだ。

続きを読む

このニュースの写真

  • ミニバンにさようなら マツダの新世代クロスオーバーSUV、CX-8が売れる理由
  • ミニバンにさようなら マツダの新世代クロスオーバーSUV、CX-8が売れる理由
  • ミニバンにさようなら マツダの新世代クロスオーバーSUV、CX-8が売れる理由