産経ニュース

非日常ドライブ体験記 アストンマーティンでいく

GQ JAPAN GQ JAPAN

記事詳細

更新


非日常ドライブ体験記 アストンマーティンでいく

 Let's ドリフト

 成田空港のニュージーランド航空のカウンターには、季節外れのダウンジャケットやスノーボードを抱えた観光客が集まっていた。8月のニュージーランドは真冬。南へいくほど寒いわけで、降り立った南島のクイーンズタウンは、雪の白と羊のベージュばかりが目立っていた。

 この街の郊外にある山頂には「SHPG(サザン・ヘミスフィア・プルービング・グラウンド)」という有名なテストコースが整備されている。広大でフラットな雪面や氷面、ハンドリングトラックなど、全部で16のテストエリアがある。6~9月、本格的なスノーおよびアイス関連のテストをする場所が北半球にはどこにもないため、世界中の自動車メーカーやサプライヤーがここで寒冷対策関連の開発を行う。

 アストンマーティンは世界各地のオーナーをここに集め、最新モデルを使って雪上、氷上走行を体験してもらう「アストンマーティン・オンアイス」を実施。そこへメディアとして参加する僥倖を得たというわけだ。

 どうやらそれがオーナー同士の典型的なあいさつ代わりの会話のようで、前夜祭ではさまざまなオーナーから「あなたはどのモデルのオーナーですか?」と問われた。「私はメディアとしての参加でして……」と、要するにアストンマーティンを所有していないことを何度も表明させられるのはいささか辛かったが、どの国のオーナーも話題が豊富で、ユーモアのセンスがあり、そして何より上品なのが印象的だった。

 しかしもっと印象的だったのは、そんな彼らが翌朝の雪上走行では、まるで人が変わったように激しいドリフト走行を見せたこと。この手のクルマにしてはタウンスピードで静かな部類に入るアストンマーティンがアクセルを深く踏んだ瞬間に野太い咆哮を轟かせて獰猛な側面を見せるのと同じように、オーナーたちにも二面性を感じた。ジェームズ・ボンドも名乗るまでは普通の紳士だもんな。

続きを読む

このニュースの写真

  • 非日常ドライブ体験記 アストンマーティンでいく