産経ニュース

将棋が好きだ、というのが根底にないと、最後のところで頑張れない 淡々と王道を行く「ゆとり世代」名人、佐藤天彦

GQ JAPAN GQ JAPAN

記事詳細

更新


将棋が好きだ、というのが根底にないと、最後のところで頑張れない 淡々と王道を行く「ゆとり世代」名人、佐藤天彦


佐藤天彦 将棋名人


「あ、佐藤名人」と女性がつぶやいた

べっちんの黒い羽織りに浅黄色の着物、利休色の袴姿の佐藤天彦名人が、撮影のために東京・千駄ヶ谷にある将棋会館2階の道場に入っていこうとすると、エレベーターの前の長椅子に座って赤ちゃんを抱いていた女性が目を輝かせて「あ、佐藤名人」とつぶやき、そばにいた息子さんと思しき小学校低学年の男の子に、ほら、と教えようとした。平日の午後にもかかわらず、道場では愛好家たちが多数、将棋を指していて、佐藤名人に気づくと顔をあげてざわついた。

名人はGQスタッフのリクエストに応え、将棋盤に駒を並べ始める。子どものころから何度も繰り返してきたであろう、その指の動きに見惚れる。正確に並べられていく駒それ自体から、気品のようなものが醸し出されている。名人とはこういうものか……。ある種の神聖さを駒が発している。つい最前まで、それはフツウの駒に過ぎなかったのに。

 ご存じのように2017年は空前の将棋ブームだった。16年、史上最年少の14歳と2カ月でプロ棋士となった中学生、藤井聡太四段が17年の3月にデビュー以来10連勝を飾り、さらにどんどん勝ち続けて、6月に29連勝という30年ぶりの新記録が生まれるや新聞の号外が出た。天才少年の一挙手一投足を連日メディアが報道し、おかげで全国の将棋道場には小学生が詰めかけ、藤井四段が3歳のころに遊んだという木のおもちゃや、子どものころ愛用していたという初心者向けの将棋セットが飛ぶように売れた。

「やっぱり藤井さんのブームで、連日のようにワイドショーで将棋の話題をやっていたりしましたし。その前のブームって、20数年前に羽生(善治)さんが七冠王になったときだったと思うんですけど、それを上回るぐらい一般の方に訴求する大きなブームだったと思います。そういう意味ではすごいことだなぁと思います」

と冷静なのが、佐藤天彦名人の持ち味である。テレビのバラエティ番組に出ていたら、「なんやねん、他人事みたいに」とつっこまれるかも、です。

プロの棋士にはなぜか佐藤姓が多いため、「天彦名人」とも呼ばれる彼は、みずからを客観視して、マイペースを崩さない。沈着冷静。ごくフツウの、隣のアパートに住んでいそうな、いまどきのおにいさんに見えるけれど、そのマイペースぶりはおそらく尋常ではない。でなければ、将棋界最高峰のタイトルとされる名人位を昨年、あの天才・羽生善治を4勝1敗でやぶって獲得できるはずもない。それも、史上4番目の若さで。5歳で将棋をはじめ、18歳でプロになり、28歳で名人になった天彦名人も、もちろん将棋の申し子なのだ。

彼はこの大ブームのさなか、名人の防衛戦を淡々とこなし、さらにコンピューター将棋ソフト、Ponanzaと初めて名人として対局した。

続きを読む

このニュースの写真

  • 将棋が好きだ、というのが根底にないと、最後のところで頑張れない 淡々と王道を行く「ゆとり世代」名人、佐藤天彦