産経ニュース

変幻自在の天才肌芸人、ロバート秋山 憑依芸は、まだまだ続く

GQ JAPAN GQ JAPAN

記事詳細

更新


変幻自在の天才肌芸人、ロバート秋山 憑依芸は、まだまだ続く

本当に贅沢な遊びをさせてもらってますよ

インタビューの動画も回を追うごとに大がかりになっている。それも「クリエイターズ・ファイル」が認知されたおかげだ。以前なら、撮影に使おうとしても断られていたような場所でも、いまではすんなり貸してもらえることが増えたという。シンクロナイズドスイミングの女性コーチの回では、国士舘大学の選手が10数人出演してくれた。現場で実際に働いている人などに出てもらうことも結構あるようだ。いままでに見事にハマった回は、そういうパターンが多いらしい。

「逆に演技が成立しすぎちゃったら面白くないなと思ってて。遊びでやってる感じが醒めちゃうというか。ウェディング・プランナーの回でも、実際にその場にいたアシスタントの方に出てもらったんですけど、やっぱり絶妙でしたね。演技のしかたもたぶんわからないだろうから、本当にいつもどおりにやってもらって」

ここで秋山が言っているように「遊びでやっている」というのがポイントだろう。彼は次のようにも語っている。

「結局、カメラマンさんとか、スタイリストさんやメイクさんがつくってくれないと何もできないんで。それはもう大前提ですね。だから、好きに場所を使って、自分の好きなように動画もつくって、本当に贅沢な遊びをさせてもらってますよ」

考えてみれば、ロバートのコントからして、子供のときの遊びの延長線上にあるようなネタが多い。最近の傑作「ナイロンDJ」も、もともとは秋山たちが小学生のころ、よく教室でザラザラした表紙の地図帳やナイロンのバッグをこすって遊んでいたのがもとになっているそうだ。

秋山はまた、子供のときから人間観察が好きだったという。

続きを読む

このニュースの写真

  • 変幻自在の天才肌芸人、ロバート秋山 憑依芸は、まだまだ続く
  • 変幻自在の天才肌芸人、ロバート秋山 憑依芸は、まだまだ続く