産経ニュース

堕ちた名優ケヴィン・スペイシー 性的暴行事件発覚からの転落の経緯

GQ JAPAN GQ JAPAN

記事詳細

更新


堕ちた名優ケヴィン・スペイシー 性的暴行事件発覚からの転落の経緯

 Netflixはこの声明が出た後すぐに反応。スペイシー主演のドラマ「ハウス・オブ・カード」を現在撮影中のシーズン6で打ち切ることを発表した。Netflixによるとこれは「数カ月前に決定していたことで今回の告発とは関係がない」としている。

ケビン・スペイシー氏(ゲッティ=共同)

 しかし話はここで終わらなかった。スペイシーはセクハラ常習犯だったのである。彼は2003年から2015年にかけてロンドンのオールドヴィク劇場で芸術監督を務めていたが、当時複数の若い俳優たちに性的嫌がらせをしていたことをメキシコ出身の俳優ロベルト・カヴァゾスが暴露した。

 さらにもっと最近の事件も明らかに。ドラマ「ハウス・オブ・カード」の撮影現場でも性的嫌がらせをしていたのである。元スタッフを含む8名のスタッフが「スペイシーは性的搾取者だ」とCNNに対して告白。ある男性アシスタントは「初期のシーズンで彼から性的暴行を受けた」と話している。

 次々と明らかになるスペイシーの行為に対して、一度は撮影中だったシーズン6の撮影を延期すると発表していたNetflixはさらに厳しい処分を決定。「シーズン6(ファイナルシーズン)はケヴィン・スペイシーを出さずに撮影する」と発表した。主人公のフランク・アンダーウッド大統領が登場しないままファイナルシーズンを終えるという決断を下した。Netflixは撮影を一時中断している間に「番組の展開を考える」としている。

 大物プロデューサー、ハーヴェイ・ワインスタインの30年以上にわたるセクハラ行為が告発されたことをきっかけに、他の有名俳優や監督、映画会社のトップたちの性的暴行事件が次々と暴露されている。ケヴィン・スペイシーも、約30年前に当時未成年だった俳優のアンソニー・ラップに性的暴行をしていたことがラップ本人の告白で明らかになった。

続きを読む

このニュースの写真

  • 堕ちた名優ケヴィン・スペイシー 性的暴行事件発覚からの転落の経緯