産経ニュース

もはや別物!? チャラくない峠仕様の跳ね馬 フェラーリ カリフォルニアT HSを試乗

GQ JAPAN GQ JAPAN

記事詳細

更新


もはや別物!? チャラくない峠仕様の跳ね馬 フェラーリ カリフォルニアT HSを試乗

 歓迎すべき変化

 それにしても、カリフォルニアTのコンバーチブルボディはミシリともいわない。固められたサスペンションからの入力は決して小さくないはずが、そうした衝撃を力強く受け止めて的確に押し返すだけの逞しさをこの流麗なボディは備えている。

 この頑丈さがあればこそ、これだけ俊敏で正確なハンドリングが実現できたのだろう。ハンドリング・スペチアーレはクルマのバランスを崩す強引なチューニングではない。スポーツカーの、そしてフェラーリの魅力をさらに輝かせるため、クルマのトータルバランスを考慮して設定されたスペシャル・セッティングなのである。

 フロントエンジンらしい穏やかなコーナリング特性も、ドライバーを勇気づけるのに大きく役立っている。先日、試乗した488スパイダーもそうだったが、最近のフェラーリは過激なステアリング反応をもってスポーティさを演出するよりも、人間の感性に寄り添った設定で、むしろドライバーを鼓舞する方向に様変わりしたように思える。無論、これは歓迎すべき変化だ。

 だから、どれほど走っても走り疲れるということがない。キャビンに進入してくる空気は相変わらず冷ややかだったが、それでもルーフを開け放ったまま、私はカリフォルニアT HSとともに箱根の山々を走り続けた。

 

 

 

このニュースの写真

  • もはや別物!? チャラくない峠仕様の跳ね馬 フェラーリ カリフォルニアT HSを試乗
  • もはや別物!? チャラくない峠仕様の跳ね馬 フェラーリ カリフォルニアT HSを試乗
  • もはや別物!? チャラくない峠仕様の跳ね馬 フェラーリ カリフォルニアT HSを試乗