産経ニュース

もはや別物!? チャラくない峠仕様の跳ね馬 フェラーリ カリフォルニアT HSを試乗

GQ JAPAN GQ JAPAN

記事詳細

更新


もはや別物!? チャラくない峠仕様の跳ね馬 フェラーリ カリフォルニアT HSを試乗

 モデル名の末尾につけられた“HS”は、オプションの「ハンドリング・スペチアーレ」を装着していることを意味する。端的にいえばクルージングよりもワインディングロードを得意とする足回りが与えられている“証”だ。

 標準仕様のカリフォルニアTは、その名のとおりアメリカ西海岸の陽光を楽しみながらドライブするのに最適なオープンカーで、もちろん誇り高き“跳ね馬”の紋章が与えられているからには、優れたコーナリング性能を備えているものの、フェラーリとしてはハンドリングよりも快適性に重きを置いたモデルだった。それがハンドリング・スペチアーレとなってどう生まれ変わったのか。心のなかで不安と期待が交錯した。

 引き締まった乗り心地

 右手でイグニッションキーをひねり、ステアリング上の赤いボタンを押し込んでV8エンジンを目覚めさせる。次の瞬間、森の木々がかすかにさざめいたような気がした。ハンドリング・スペチアーレはエグゾースト系も“スペシャル”で、フェラーリ・ミュージックの音量はスタンダードモデルよりもやや大きめなのだ。

 全体的な音色は中低音を中心とした分厚いものだが、そのなかに澄んだ高音が混じっていて、このエンジンがマラネロ生まれであることを思い起こさせてくれる。重低音を響かせるフルオーケストラと、きらびやかなソロを奏でるバイオリニストの華麗な競演、といった趣だ。

続きを読む

このニュースの写真

  • もはや別物!? チャラくない峠仕様の跳ね馬 フェラーリ カリフォルニアT HSを試乗
  • もはや別物!? チャラくない峠仕様の跳ね馬 フェラーリ カリフォルニアT HSを試乗
  • もはや別物!? チャラくない峠仕様の跳ね馬 フェラーリ カリフォルニアT HSを試乗