産経ニュース

見た目、走り…モノ作りの根本まで他とは一線を画す“仕立てのいいクルマ” レクサスの新型スポーツクーペ「LC500」を試す

GQ JAPAN GQ JAPAN

記事詳細

更新


見た目、走り…モノ作りの根本まで他とは一線を画す“仕立てのいいクルマ” レクサスの新型スポーツクーペ「LC500」を試す

 いま最も話題のクルマといえばレクサスの新型車、LCだ。見た目もさることながら、走りもよく、さらにモノ作りの根本まで他とは一線を画しているのが自慢なのだ。

 文・小川フミオ

低く見えるが意外なほど乗降性はよい

※その他の画像はこちら

 8人のTAKUMI

 鳴り物入りで登場したレクサスの高級大型クーペ、LC。コンセプトカーに限りなく近いスタイリングといい、米国の峠道で磨き上げたという運動性能といい、注目すべきところは多い。そしてもうひとつ、新型LCの購入を考えているひとには知っておいて損はない、自慢の種になるエピソードがある。それが生産方法だ。

 「たんなる製品でなく作品を作ることを心がけています」。これはLCを生産する愛知は豊田市にある元町工場の責任者の言葉だ。

続きを読む

このニュースの写真

  • 見た目、走り…モノ作りの根本まで他とは一線を画す“仕立てのいいクルマ” レクサスの新型スポーツクーペ「LC500」を試す
  • 見た目、走り…モノ作りの根本まで他とは一線を画す“仕立てのいいクルマ” レクサスの新型スポーツクーペ「LC500」を試す