産経ニュース

最新グルマがらみのコラボ・ウォッチ3種 時計を買って、オーナー気分?

GQ JAPAN GQ JAPAN

記事詳細

更新


最新グルマがらみのコラボ・ウォッチ3種 時計を買って、オーナー気分?

 時計好きはクルマ好きでクルマ好きは時計好きである。ここに登場するのは最新のクルマがらみのコラボ・ウォッチ3種。時計を買って、クルマを買わずともクルマも買った気分になるのもオツである。

 Photos: Kazuteru Takahashi @ KONDO STUDIO

 Styling: Katsuya Kubokawa

 Words: Akira Kamiya @ GQ

※その他の画像はこちら

 ブライトリングとベントレーの蜜月がはじまったのは2003年。「コンチネンタルGT」から着想を得たモデルをスタートに、現在では18モデルを設定する。一部には完全自社製の自動巻きキャリバーを搭載。すべてがクロノグラフというところが見逃せない。

 フェラーリがウブロとコンビを組んだのは2011年。ベルルッティなど多彩なパートナーが話題を集めるウブロだが、やはりフェラーリとのコラボは特別だ。6000万円を超える「MP-05ラ・フェラーリ サファイア」は、世界最長の約50日間というパワーリザーブを実現したことで注目された。

 2016年にパートナーになったのはゼニスとランドローバー。第1弾は、傑作ムーブメント「エル・プリメロ」とラグジュアリーSUVの元祖、レンジローバーとの組み合わせとなった。ほかにも、ランボルギーニとブランパン、AMGとIWCなど、クルマとのコラボ時計は充実している。とはいえ、限定モデルのケースが多いから、気になったら即買い、が鉄則だ。

 

 

このニュースの写真

  • 最新グルマがらみのコラボ・ウォッチ3種 時計を買って、オーナー気分?