産経ニュース

911至上主義からの脱却? ポルシェ「ケイマン GT4 クラブスポーツ」に試乗

GQ JAPAN GQ JAPAN

記事詳細

更新


911至上主義からの脱却? ポルシェ「ケイマン GT4 クラブスポーツ」に試乗

 ドアハンドルに手を掛けると、驚いたのはまるで蝶の羽が舞うがごときの軽さであったことだ。フロントフードをカーボンファイバー化するというのは軽量化の定番だが、このモデルではその素材をドアにも使っている。くわえて、ウインドシールドとともにサイドのドアウインドウも、ガラスからポリカーボネート樹脂製に変更しているのである。

 こうした“軽さ”へのこだわりは、キャビン……というよりは、まさに仕事場という感じに仕上がったインテリアにも徹底していた。防音遮音材はもちろんなく、戦うために必要のないパッセンジャー・シートも取り外し済みだ。ダッシュボードの上半分にこそオリジナル・ケイマンのパーツを採用し、一応“らしさ”を保っているが、下半分は化粧用のパネル等いっさいが取り外されて内部構造が剥き出しになっている。スパルタン、の一語に尽きる。

 エンジンの始動は、量販モデルと変わらぬデザインのキーを、やはり同様に捻る方式。火が入るとその瞬間、キャビン内は轟音に包まれる。遮音材やカーペットが省略されているので、エンジン本体とドライバーを隔てるのは、薄いパネル1枚しかないのだ。

 DCTは、スタートの瞬間から驚くほどにスムーズに作動する。パーシャル・スロットルの領域では低いギアを意味なく引っ張り過ぎるシフトスケジュールも、サーキット・スピードになると、「次のコーナーをあらかじめ読み込んでいるのではないか?」と思えるほどに適格に変速タイミングをはかるので、実際のところ、シフトパドルの操作を必要としない(!)ぐらいだった。

続きを読む

このニュースの写真

  • 911至上主義からの脱却? ポルシェ「ケイマン GT4 クラブスポーツ」に試乗