産経ニュース

911至上主義からの脱却? ポルシェ「ケイマン GT4 クラブスポーツ」に試乗

GQ JAPAN GQ JAPAN

記事詳細

更新


911至上主義からの脱却? ポルシェ「ケイマン GT4 クラブスポーツ」に試乗

 なかでも、2015年春発表のケイマン GT4をベースに開発したサーキット専用モデル、ケイマン GT4 クラブスポーツこそは、現在のポルシェのラインナップ中もっともピュアなスポーツ・モデルのひとつである。

 

 MTからDCTへと変更

 世界各国から少数のゲストが招かれ、このポルシェ最新のミドシップ・レーシングモデルの試乗会が開催されたのは、旧東独領はドレスデン郊外に位置する「ユーロスピードウェイ・ラウジッツ」なるサーキット。

 ヨーロッパでは珍しいオーバルコースのフィールド内に、今回は全長が3.4km強に至るハンドリング・コースもふくむトラック・レイアウトが用意され、幸いにも快晴に恵まれた天候の下でプログラムは進行した。

 ポルシェが用意したモデルは3台。量販型のケイマンGT4、ケイマン GT4 クラブスポーツ、そしてケイマン GT4 クラブスポーツMRだ。クラブスポーツMRは異なるモータースポーツ・カテゴリーに対応すべく、さらに軽量化した機種で、マンタイレーシングがチューニングを行っている。

 7400rpmという回転数で最高385psを発生するエンジンは、2台ともに基本は量販型と同じ。ただしトランスミッションは6段MTのみの量販型に対して、こちらは“サーキット走行に最適化”したという専用開発の6段DCT(デュアルクラッチ式)を採用する。

続きを読む

このニュースの写真

  • 911至上主義からの脱却? ポルシェ「ケイマン GT4 クラブスポーツ」に試乗