産経ニュース

フェラーリの新型12気筒は800馬力--812 スーパーファストが登場

GQ JAPAN GQ JAPAN

記事詳細

更新


フェラーリの新型12気筒は800馬力--812 スーパーファストが登場

 フェラーリは2月16日、F12 ベルリネッタに変わる新型12気筒クーペとして、812 スペチアーレを発表した。シリーズプロダクションとして同社史上もっともパワフルなモデルの登場だ。

 文・小川フミオ

※その他の画像はこちら

 フェラーリ最後のV12NAエンジン

 フェラーリ 812 スーパーファストと名づけられたニューモデルは、800馬力の6.5リッターV型12気筒エンジンをフロントに搭載する後輪駆動車だ。一般公開は2017年3月初旬にスイス・ジュネーブで開催される自動車ショーを予定している。

 フェラーリ 812 スーパーファストは、2012年に発表されたF12 ベルリネッタ(740馬力)の後継モデル。静止から時速100kmまで加速タイムはわずかに2.9秒で、先代の3.1秒から0.2秒も縮めた。「走りに徹し、一般道でもサーキットでも胸のすくようなドライビングを楽しんでいただけるよう設計」されているとフェラーリはプレスリリースで謳う。

 65度のバンク角を持つ最新の自然吸気V12エンジンは、588kW(800ps)の最高出力を8000rpmで、718Nmの最大トルクを7000rpmで発生する。完全にレースカーのような設定だ。今回、エンジンを高性能化できた背景として、350バールの燃料直噴システムと可変インテークシステムの採用をフェラーリでは挙げている。

 またフェラーリ 812 スーパーファストは、シフトタイムのさらなる短縮を実現するため、高度に調整されたツインクラッチ式の7段ギヤボックスを採用。スロットルレスポンスを高めた。

 もうひとつ特筆すべきは電動パワーステアリングの採用だ。実装した理由としてフェラーリでは「車体電子制御システムと完全に統合することで、パワフルかつ機敏なハンドリングを得ることができる」としている。

 さらに812 スーパーファストでは、「バーチャル・ショートホイールベース(2.0)システム」をも採用する。これは端的にいうと前輪の切れ角に応じて後輪に舵角を与えるもので、コーナーリング性能の向上に寄与する。

続きを読む

このニュースの写真

  • フェラーリの新型12気筒は800馬力--812 スーパーファストが登場