産経ニュース

ニッポンを代表するスーパーカー、日産GT-Rの生まれ故郷を訪ねる贅沢旅

GQ JAPAN GQ JAPAN

記事詳細

更新


ニッポンを代表するスーパーカー、日産GT-Rの生まれ故郷を訪ねる贅沢旅

 最新の日産車に乗って1泊2日の旅に出かけた。初日の相棒は、今年でデビュー10年目を迎えたR35型GT-R。一路、日産栃木工場を目指しアクセルを踏んだ。

 文・今尾直樹

※その他の画像はこちら

 GT-Rは麩まんじゅう?

 1月18~19日、日産自動車がライフスタイル系メディアを対象に「贅沢な車旅」と題した試乗会を開いた。それはまことに贅沢な旅だった。用意されたのは日産を、いやニッポンを代表するスーパーカー、GT-Rと、モータースポーツ部門のNISMO(ニスモ)がサーキットで培ったノウハウをGT-Rほか、ノートe-パワー、ジューク、フェアレディZと投入した、それぞれ末尾にNISMOの文字を持つ4種、全部で5モデルだった。このうち『GQ』は、往路はGT-Rで、復路はノートe-パワー・ニスモでドライブした。

 旅は横浜みなとみらい地区にある日産グローバル本社からスタートした。目指すは160km離れた日産栃木工場である。ここでGT-Rの製造工程を見学、そのあと星野リゾート「界 鬼怒川」にて1泊し、2日目は大谷石の採掘現場の地下50mに潜ってから帰路につくというプログラムである。

続きを読む

このニュースの写真

  • ニッポンを代表するスーパーカー、日産GT-Rの生まれ故郷を訪ねる贅沢旅
  • ニッポンを代表するスーパーカー、日産GT-Rの生まれ故郷を訪ねる贅沢旅
  • ニッポンを代表するスーパーカー、日産GT-Rの生まれ故郷を訪ねる贅沢旅
  • ニッポンを代表するスーパーカー、日産GT-Rの生まれ故郷を訪ねる贅沢旅