産経ニュース

高性能モデルが続々「ここまでやるか」メルセデス・ベンツの大進撃

GQ JAPAN GQ JAPAN

記事詳細

更新


高性能モデルが続々「ここまでやるか」メルセデス・ベンツの大進撃

 GT ロードスター、GT C ロードスター、そして高性能クーペのGT Rの3モデルは2017年春の発売となる。価格はGT カブリオレが約13万ユーロ(1ユーロ115円として1495万円)、GT C カブリオレが約16万ユーロ(同1840万円)、GT Rが約16万5000ユーロ(同1897.5万円)。19パーセントの付加価値税が含まれたドイツでの価格である。

 4ドアセダンでも注目すべきモデルが登場した。

 

 

 メルセデス・ベンツがロサンジェルス自動車ショーの最も目立つところに置いたのは、3台。メルセデス・マイバッハ S650 カブリオレ、メルセデス・AMG GT C カブリオレ、そしてメルセデス・AMG E63S 4マチックだ。450kW(612ps)の4リッターV8ツインターボエンジンにフルタイム4WDシステムを組み合わせたスーパーセダンである。「Eクラス史上もっともパワフルなエンジン」と壇上に上がったメルセデス・ベンツUSAの社長は誇らしげに語った。

 同時に発表されたのはメルセデス・AMG E63 4マチック。こちらは同じ排気量のエンジンながら、最高出力が420kW(571ps)に、最大トルクが750Nmとやや抑えられている。といっても数値をみると充分すぎるほどパワフルだが。

 とりわけ注目は新しいギアボックスで、すこしマニアックになるけれど、AMGスピードシフトMCTと名づけられた9段のツインクラッチタイプである。発進時にトルクコンバーターのかわりにクラッチを使うのが新しい点で、それにより「軽量化とともにアクセルペダルの踏み込みに対するレスポンスが大きく向上」(広報資料)していると謳われる。

続きを読む

このニュースの写真

  • 高性能モデルが続々「ここまでやるか」メルセデス・ベンツの大進撃
  • 高性能モデルが続々「ここまでやるか」メルセデス・ベンツの大進撃