産経ニュース

イチロー、43歳の「復活」 2015年の大スランプ乗り越えての偉業に注目

GQ JAPAN GQ JAPAN

記事詳細

更新


イチロー、43歳の「復活」 2015年の大スランプ乗り越えての偉業に注目

 今年もっとも活躍した男たちを讃えるアワード「GQ Men of the Year」の季節がやってきた。本連載では小誌執筆陣が“極私的”に推薦する2016年の顔を紹介する。第5回は本誌ライフスタイル・エディターの神谷晃が推薦する、メジャーリーガー・イチロー。

 文・神谷晃(GQ)

※その他の画像はこちら

 2016年シーズン、メジャー通算3000本安打を達成したイチロー。毎年塗り替える記録の数が多過ぎて今さら驚くことはないが、ここではキャリア最低だった打率.229という昨年の大スランプを乗り越えてというところに注目したい。そういう意味でも2016年は特別な年になったはずだ。

 キャリア最低の記録に終わった2015年、イチローの年齢は42歳。あの躍動感も影を潜め、さすがに限界説も囁かれたが、今年見事に復活を遂げた。3000本という記録よりもむしろ、43歳にしての復活にこそ価値があり、賞賛されるべきだろう。

続きを読む

このニュースの写真

  • イチロー、43歳の「復活」 2015年の大スランプ乗り越えての偉業に注目