産経ニュース

質のいいセダンを選ぶなら--パサートに2リッターエンジン車追加

GQ JAPAN GQ JAPAN

記事詳細

更新


質のいいセダンを選ぶなら--パサートに2リッターエンジン車追加

 大人のためのフォルクスワーゲン。それがパサートだ。大きな荷室でゴルフやマリンスポーツ好きに愛用されている。そこに2リッター版が加わった。これがなかなかヨイのだ。

 文・小川フミオ

※その他の画像はこちら

 フォルクスワーゲン(VW)のフラッグシップといえるのがパサート。全長4.8メートルの余裕あるサイズのボディを持ち、車型もセダンとステーションワゴン(VWではバリアントと呼ぶ)と用途に応じて選べるようになっている。セダンはエレガントさを感じさせるスタイルでフォーマル度が高いいっぽう、バリアントは長いルーフを持ち荷室容量はたっぷり。多くの用途に使える多目的性も魅力だ。

 日本ではこれまで1.4リッターエンジン搭載のパサートTSI(329万円~)として展開されていた。自動車世界では「ダウンサイジング」といってボディサイズは大きくても燃費効率のよい小さな排気量のエンジンを組み合わせるがトレンドである。2015年9月に日本に導入されたパサートも、いち早くその傾向を採用したVWの肝煎りの車種だ。

続きを読む

このニュースの写真

  • 質のいいセダンを選ぶなら--パサートに2リッターエンジン車追加