産経ニュース

60年代の日本車が人気だ--ナイフのようなクルマが欲しい

GQ JAPAN GQ JAPAN

記事詳細

更新


60年代の日本車が人気だ--ナイフのようなクルマが欲しい

 昨今の流行りはなぜか「郷愁」。ゴハンも歌もアイドルもノスタルジーを感じさせるものがメディアに出てくる。クルマと社会の交差点にある「クルマ文化」にストップかゴーの判定を下す好評連載。今回のテーマは古いクルマの人気について。

 文・小川フミオ

 このところ古いクルマが人気のようだ。いや、いまに始まったことではないか。このところしばらく続いているというべきかも。欧米では夏になるとクラシックカーのイベントが目白押しになるほどで、ずっと前からクラシックカーというのは、ひとつの自動車の楽しみとして確立されている。日本での古いクル人気には、彼我で共通するところもあるのだけれど、まったく違うようにも感じるところもかなりある。

 日本独自だなあと思うのは、国際的な評価の高いクルマよりも、僕たちがともに育ってきたような60年代、70年代の日本車の人気ぶりだ。トヨタ 2000GT(67年)とかダットサン ブルーバード(同年)とか日産 フェアレディZ(69年)とかいすゞ 117クーペ(同年)がいいというのはわかる。でも僕が仕事をしているメディアの編集者などはスバル 360(58年)や三菱 500(60年)のような、欧米でいうところの“虫”などが読者のウケがいいという。

 眼を海外に転じてみると2016年はフォード GTが7リッターのエンジン搭載のマークIIでルマン24時間レースの優勝を飾って50周年とか、ランボルギーニが350馬力の3.9リッターV型12気筒エンジンをミドシップしたミウラを発表してやはり50周年とか、古いクルマで節目があった。僕が出かけた米西海岸のペブルビーチでもオーナーやファンが集まり、おおいに盛り上がっていたものだ。

続きを読む

このニュースの写真

  • 60年代の日本車が人気だ--ナイフのようなクルマが欲しい