産経ニュース

ポルシェが電気で速くなる!? 新型パナメーラ 4 E-ハイブリッドは1407万円

GQ JAPAN GQ JAPAN

記事詳細

更新


ポルシェが電気で速くなる!? 新型パナメーラ 4 E-ハイブリッドは1407万円

 これは初代パナメーラに設定されたハイブリッド版「パナメーラ S ハイブリッド」および進化型であるPHVモデル「パナメーラ S E-ハイブリッド」の最高速度270km/h、0-100km/h加速5.5秒を大幅に凌駕するのはもちろんのこと、車両重量の軽い新型パナメーラ 4Sの0-100km/h加速4.4秒(オプションのスポーツクロノパッケージ装着車は4.2秒に短縮)、最高速度289km/hというパフォーマンスにも肉薄する、まさしくスーパーカー級のエコサルーンとなった。 

 トランスミッションについても、電子制御油圧式システムを持つ先代パナメーラの8段PDKから電気クラッチアクチュエータ(ECA)によって電気機械的に制御される新たな8段PDKに進化。応答時間がよりいっそう短縮されたとされている。

 加えてハイブリッド車の重要な要素である2次電池は、液冷式リチウムイオンバッテリーで、トランクルームのフロア下に搭載。バッテリーの重量は変わらないにもかかわらず、蓄電容量は先代パナメーラ S ハイブリッドの9.4kWhから14.1kWhに大容量化した。

 ちなみに、この高電圧バッテリーは230V/10A接続でフル充電されるまでにわずか5.8時間。ほかの新型パナメーラに標準装備される3.6kWのチャージャーの代わりに、オプションの7.2kWの車載チャージャーと230V/32A接続を選択した場合は、バッテリーはわずか3.6時間でフル充電が可能だ。

 これらの進化が相まって、パナメーラ 4 Eハイブリッドは、Eパワーモードで最大50kmまでのゼロエミッション走行が可能との由。この効果もあって、欧州の新しい走行サイクル(NEDC)において、燃費は40km/リットル。CO2排出量も56g/kmという優れた環境性能を実現することに成功。ポルシェが先代パナメーラで確立した「エコなスーパーサルーン」という世界観を、さらに一歩先の領域へと進めることになったようだ。

 パナメーラ 4 E-ハイブリッドの正式なワールドプレミアは、10月に開幕するパリ・サロン。日本国内での予約受付も10月11日からスタートし、ベーシックプライスは1407万円(右ハンドル仕様のみ)とのこと。

このニュースの写真

  • ポルシェが電気で速くなる!? 新型パナメーラ 4 E-ハイブリッドは1407万円