産経ニュース

アメリカ人がオロナミンCを飲んだら? 驚きの結果に…再生回数100万回突破、話題の動画

GQ JAPAN GQ JAPAN

記事詳細

更新


アメリカ人がオロナミンCを飲んだら? 驚きの結果に…再生回数100万回突破、話題の動画

 日本には日本特有のソーダがある。初めてそれを口にするアメリカ人のリアクションは?

Text: SOKO hirayama

 

 米ブログメディアBuzzfeedが公開している人気動画シリーズ「Americans Taste Test」(アメリカ人の試食会)。アメリカ人が、他国の食べ物を初めて口にしたリアクションを見るという企画だが、以前、日本のスナック菓子に挑戦した回がYouTubeで300万回以上再生(現時点では700万回近い再生数)され話題になった。今月頭に公開された新動画では、再び日本の食べ物が登場、早くも再生回数100万回を突破している。

 今回チャレンジしたのは、日本の炭酸飲料。さて、その反応はいかに。

 最初のソーダは、マンゴークリームソーダ。グラスに注いだ白濁の液体を見て、ハッキリと言葉にはしないが、みんなあるモノを想像したようだ……。味はまぁまぁ好評。中には「グミーベーアを大量に溶かして濁った液体にいれた感じ」と、微妙な感想を持つ人も。ロングセラーのオロナミンCは、ボトルの小ささにビックリ。ハローキティのラムネは、まず開けるのに悪戦苦闘。「開けるだけで昼休みが終る」というコメントには笑ってしまう。

 参加者全員が顔をしかめたのは、なんと酔わないウメッシュ。「離乳食みたいな味」との意見もあり、困惑気味。梅を使った飲み物というのが予想外すぎるのだろう。香り、味からでは、なんのフレーバーなのか誰も想像つかなかったようだ。梅酒は、海外で「プラムワイン」として提供されることがある。プラムワインのアルコール抜きソーダ割りと説明していたら、あるいは違ったリアクションが見られたかもしれない。

 駄菓子でも、炭酸飲料でも、食文化というのは日本の商品のユニークさに気づかされる動画だ。

 

GQ JAPAN関連ニュース