産経ニュース

「ZEONIC社製『シャア専用』ロードバイク」は総合点の高い真紅のディスクロードだった

ニュース

「ZEONIC社製『シャア専用』ロードバイク」は総合点の高い真紅のディスクロードだった

更新 okt1705190001
松尾修作 Cyclistの新人編集部員。元プロロードレーサーでヨーロッパをはじめ、アジアツアーやJプロツアーのレースを転戦した。脚質はオールラウンダーで、剛性が高いバイクよりはしなやかでも伸びのあるバイクを好む。身長175cm Photo: Naoi HIRASAWA 松尾修作 Cyclistの新人編集部員。元プロロードレーサーでヨーロッパをはじめ、アジアツアーやJプロツアーのレースを転戦した。脚質はオールラウンダーで、剛性が高いバイクよりはしなやかでも伸びのあるバイクを好む。身長175cm Photo: Naoi HIRASAWA

 ガンダム作中に登場する「ZEONIC(ジオニック)社」が、シャア・アズナブル専用のロードバイクを“開発”-。シャア専用と聞いて、「赤の!?」という世代にはたまらない、大河原邦男デザインのスペシャルヘッドバッジを標準装備したロードバイクが、本当に発売された。カーボンとアルミフレームの2タイプで、カーボンフレームはロングライド向けの設計という。マニア心をくすぐること間違いなしの話題作だが、肝心なロードバイクとしての性能・乗り心地はどうなのか? 早速Cyclist編集部員が試乗し、熱く語り合った。

アヴァンギャレージ「ZEONIC社製シャア専用ロードバイク(カーボンフレーム)」

価格:350,000円(完成車、税込)※送料別

サイズ:450mm、480mm、510mm、540mm

カラー:METALLIC RED

発売元:シー・シー・ピー

問い合わせ先:エイチーム 自転車ショップサイマhttps://cyclemarket.jp/static/page_feature(クリックで公式サイトへ)

(c)創通・サンライズ 

※製品は組立済みの完成車として、整備士の組立・品質チェックを行った上で、国内整備工場から購入者に届けられる。

スペック

フレーム:700C CARBON ROAD FRAME

フォーク:700C FULL CARBON FORK

変速機:シマノ・105(F)&(R)

ギヤ:シマノ・105 50×34T

ホイール:700C×14G×28H,ALLOY DOUBLE WALL(リム)

重量:9.35kg(510サイズ完成車、ペダル付き。ペダル無しでは9.05kg)

インプレッション BY 松尾修作・米山一輝

ヘッド周りと、前三角は剛性が高く、キビキビと走る Photo: Naoi HIRASAWA
画像を拡大する
ヘッド周りと、前三角は剛性が高く、キビキビと走る Photo: Naoi HIRASAWAフルスクリーンで見る 閉じる

松尾 今回は発売前の、話題沸騰間違いなしの2台を試乗しましたが、メインで紹介するカーボンフレームのシャア専用バイクは、ロードバイク歴の長いボクらが乗っても、まったく違和感ないほどに速い、総合点の高いバイクという印象でした。
米山 シャア専用カラーということで、真紅のマシン。アニメのイメージだともっとサーモンピンク的なイメージがあるけど、よく見るとあれは濃淡のツートンで、こちらは濃い方の赤を使ってみたという感じの色合い。単純に好みで言えば、やはりこちらの赤のほうがカッコいい。細部までディティールに凝っていて面白いし、さらにパーツ類も駆動系とブレーキ、タイヤ以外はすべて「ジオニック」のネーム入りなんだよね。

松尾 独特な赤の発色はとてもきれいで、所有欲を満たしてくれる1台ではないでしょうか。また、ヘッドバッジの質の高さも印象的です。塗装の高級感に驚きました。クリアーが一般的なロードバイクよりも厚く、塗装にコストがかかっているのが分かります。

米山 うん。鏡面仕上げかと思うくらいにクリアーが厚くて高級感があった。実際に乗車してみた感想としては、少々重いがバランス良くて乗りやすいバイクという印象。ディスクブレーキモデルであることや、全体に軽量化よりも信頼性を第一にチョイスしたという感じのパーツ構成から、マシン重量は同価格帯や同クラスのものと比べて重い。一方で軽量なバイクでは重さがやや目立つ油圧系のブレーキレバーも気にならず、扱いやすかった。油圧式ディスクブレーキもルックスと性能の両面で貢献している。

松尾 サイクルジャージをしっかり着込んで、ビンディングペダルでガチに乗っても違和感のない剛性感でした。踏み出しのトルクに負けない剛性があります。ダンシング時にハンドルを振りやすく、ペダルの踏み込みに合わせてリズムを作るのが楽しかったです。

米山 うん。こういった企画ものの製品は、どこが製造するのかよく分からない場合もあるが、今回はOEMの実績も豊富なアックスマンということで、品質面でも信頼できるレベルにあると思う。

松尾 そうですね。また、今回はアルミフレームの方も試乗しましたが、私服で一般道を走る分には逆に乗りやすい剛性で、小回りがきくハンドリングは街乗りしやすいという印象を受けました。信号からの漕ぎ出しは「ママチャリの3倍!」という感じです。扱いやすい剛性感で普段着でも自然に乗れるマイルドな性格。とはいえ、キビキビと小気味良く走り、想像よりもずっと良かったです。

米山 絶対に出てくるだろう議論として「このバイクに乗ったら3倍速く走れるか?」というのがあるよね(笑)。正直言って走れません! でも実のところファーストガンダムのアニメに出てきた「シャア専用」のモビルスーツは3種類あったけど、どれもカラーリング以外は特別な装備はなく、ノーマルの性能だったそう。だからこのバイクも自転車としてはノーマル。あとは乗り手が覚醒できるか次第ということで。ぜひこのマシンでロードバイクの楽しみに目覚めてほしい。

ZEONIC社製シャア専用ロードバイクウェブサイト http://p-bandai.jp/item/item-1000114731/(クリックで製品ページへ)

(編集 齋藤むつみ)

cyclistより

PR