産経ニュース

【限定ガンプラ製作秘話】(上)箱だけでも手元に置いておきたい“限定ガンプラ” ファン垂涎、大河原邦男が情熱込めたオリジナル原画

インタビュー

【限定ガンプラ製作秘話】(上)箱だけでも手元に置いておきたい“限定ガンプラ” ファン垂涎、大河原邦男が情熱込めたオリジナル原画

更新 okt1605150001
限定版「ストライクフリーダムガンダム」の特長を説明する馬場俊明さん 限定版「ストライクフリーダムガンダム」の特長を説明する馬場俊明さん

 人気アニメ「機動戦士ガンダム」の劇場版ポスターの原画や「装甲騎兵ボトムズ」の登場メカの設定画など、その幅広い創作の歴史を振り返る特別展「メカニックデザイナー 大河原邦男展」( http://www.okawara-ten.com/ )が滋賀県守山市の佐川美術館( http://www.sagawa-artmuseum.or.jp/ )で開催中だ。大河原デザインの変遷を鑑賞する楽しみとともに来場者だけの大きな“特典”の一つが大河原さん監修の限定プラモデルの特別販売だ。3年前の「超・大河原邦男展」(兵庫県立美術館)では開催期間中に限定モデルが売り切れ、増産される人気ぶりだった。「今回も大河原さんデザインの箱絵や特製デカール仕様に。会場でしか手に入らない価値あるガンプラにするために入念に打ち合わせして製作しています」。こう自信を込める限定モデルの企画・開発に携わったバンダイホビー事業部の馬場俊明さんに“限定ガンプラ製作秘話”を聞いた。(戸津井康之)

「大河原邦男展」会場でしか入手できない逸品…平成ガンダムの代表モデルを投入!!

限定ガンプラ「ストライクフリーダムガンダム」の完成モデル=(C)創通・サンライズ
画像を拡大する
限定ガンプラ「ストライクフリーダムガンダム」の完成モデル=(C)創通・サンライズフルスクリーンで見る 閉じる

 今回の会場限定ガンプラに選ばれたのは「ストライクフリーダムガンダム」の100分の1モデル。長いガンダムシリーズの歴史のなかで、“平成ガンダム”を代表する作品の一つといわれる「機動戦士ガンダムSEED(シード)」の続編「機動戦士ガンダムSEED DESTINY」に登場した主力メカ。デザインはもちろん大河原さんだ。
 大河原デザインをたどる特別展「超・大河原邦男展」(超大河原展)が兵庫県立美術館で開催されたときの会場限定ガンプラは、“ファースト・ガンダム”こと初めてテレビ放送された「機動戦士ガンダム」の主力メカ「RX78 ガンダム」の“超大河原バージョン”だった。

 「前回は昭和を代表するファーストガンダムからRX78を選んだので、今回は平成を代表するガンダムシードシリーズのモビルスーツとしてストライクフリーダムガンダムを選びました」と馬場さんは説明する。

 超大河原展では、この限定ファーストガンダムは開催期間中に売り切れ、会期途中に増産されたほど。
 一般の模型店に並ぶことのない、この会場限定ガンプラは、いったいどのように企画・開発されているのか?

描き下ろし原画を箱絵に使う贅沢さ

限定ガンプラ「ストライクフリーダムガンダム」。大河原さんオリジナルデザインの箱絵だ=(C)創通・サンライズ
画像を拡大する
限定ガンプラ「ストライクフリーダムガンダム」。大河原さんオリジナルデザインの箱絵だ=(C)創通・サンライズフルスクリーンで見る 閉じる

 今回の会場限定ガンプラも、大河原さんのアイデアをふんだんに盛り込みながら、馬場さんたちバンダイの企画・開発チームが中心になって入念に仕様を決めていったという。
 「実は前回の超・大河原展で試みた手法が、今回の限定ガンプラでも生かされているんですよ」と馬場さんは語る。
 まず、会場に並べられたときに、一目で限定バージョンだと分かる、その個性的な箱絵だ。今回も前回同様、限定ガンプラ用に新たに大河原さんが描き下ろしたイラストを使ってパッケージが作られている。

 大河原さんオリジナルの新作の原画でガンプラの箱を作るというぜいたくな試み。興味深いのは、箱の正面だけでなく、折り曲げられた箱の横や縦の部分にも整然とイラストがつながっている点だ。「頭の中のCAD(コンピューターによる3D設計)で立体的にイメージしながら線を描く」と語る大河原さんのメカデザインの手法が、この箱絵のデザインにも踏襲されているのだ。

限定だからこそできるデザイン

 「模型店などの売り場に並べる一般のガンプラだと、どうしても中身の情報が分かる箱絵のデザインにしなければなりません。しかし、限定ガンプラの場合、あえてその中身を説明する必要はないので自由にデザインできるんです。この個性的なパッケージの魅力に惹かれるガンプラファンも多いと思います」と馬場さんは言う。

 前回のファーストガンダムの箱絵では、RX78のシールド(盾)や肩部に描かれた超大河原展の独創的なロゴが一際目を引いた。今回も大河原さんデザインのオリジナルイラストは迫力に満ち、かつ、限定バージョンにふさわしい遊び心にあふれている。

 宇宙空間を背景に、その象徴ともいえるウイングを広げたストライクフリーダムガンダムの雄姿が、大河原さんの力強い筆致で描かれたパッケージは、やはり会場で一際目を引く。

 その背中に広がったウイングから放射状に噴射された青白い閃光が…。よく見るとその閃光の形状はアルファベットの“O・K”の文字に見えるが、果たしてその理由とは。=(下)に続く

 「メカニックデザイナー大河原邦男展」は滋賀県守山市の佐川美術館で6月16日まで開催( http://www.sagawa-artmuseum.or.jp/ )。限定ガンプラ「MG 1/100 ストライクフリーダムガンダム メカニックデザイナー 大河原邦男展Ver.」(6480円税込み)は会場で発売中。

「ストライクフリーダムガンダム」の限定版。パーツは通常版より多く、大河原さんオリジナルデザインのデカールなども付属されている=(C)創通・サンライズ
画像を拡大する
「ストライクフリーダムガンダム」の限定版。パーツは通常版より多く、大河原さんオリジナルデザインのデカールなども付属されている=(C)創通・サンライズフルスクリーンで見る 閉じる
PR