産経ニュース

【大河原邦男の仕事】(5)巨大な屏風イラスト、限定ガンプラ…佐川美術館プレミア続々

コラム

【大河原邦男の仕事】(5)巨大な屏風イラスト、限定ガンプラ…佐川美術館プレミア続々

更新 okt1605060001
特別展用に描いたヤッターワンやガンダムについて説明する大河原さん。頭の中では新メカの構想が浮かぶ=滋賀県守山市の佐川美術館 特別展用に描いたヤッターワンやガンダムについて説明する大河原さん。頭の中では新メカの構想が浮かぶ=滋賀県守山市の佐川美術館
「MG(マスターグレード)1/100 ストライクフリーダムガンダムメカニックデザイナー 大河原邦男展Ver.」パッケージ用イラスト 2015年 (C)創通・サンライズ
画像を拡大する
「MG(マスターグレード)1/100 ストライクフリーダムガンダムメカニックデザイナー 大河原邦男展Ver.」パッケージ用イラスト 2015年 (C)創通・サンライズフルスクリーンで見る 閉じる

 「機動戦士ガンダム」のメカニックデザインで知られる大河原邦男(おおかわら・くにお)氏の四十余年の軌跡をたどる展覧会「メカニックデザイナー 大河原邦男展」。会場では本展限定のガンプラ「MG(マスターグレード)1/100 ストライクフリーダムガンダム メカニックデザイナー 大河原邦男展Ver.」を販売中だ。

 2004(平成16)年放送の「機動戦士ガンダムSEED DESTINY」に登場し、大河原氏がデザインした「ストライクフリーダムガンダム」で、新たにカラーリングやマーキングのアイデアを提供した。

 大河原氏のイニシャルをデザイン化した「OKエフェクト」が本商品の新規パーツとして同梱されている。パッケージイラストも大河原氏が描き下ろしたもので、展覧会ではその原画を見ることができる。

 購入者には特典としてこのガンプラにはり付けられる佐川美術館限定のオリジナルシールをプレゼント。

 本展用の描き下ろし作品も見逃せない。B2サイズ×6枚という、屏風(びょうぶ)絵風イラストである。時代や製作会社の枠を超えて、大河原氏がデザインしたメカニックが集合したというものだ。ファンへの感謝を込めた必見の作品である。(アニメーション研究家 五十嵐浩司)=おわり

                     ◇

 メカニックデザイナー 大河原邦男展

 6月16日まで 佐川美術館(滋賀県守山市)

 (電)077・585・7800

PR