産経ニュース

スポーツ教室、ドローン学校、がん検査、音声検索… ニッポン放送、新規事業に注力

エンタメ エンタメ

記事詳細

更新


スポーツ教室、ドローン学校、がん検査、音声検索… ニッポン放送、新規事業に注力

新規事業に注力するニッポン放送は、新日本プロレスリングとの協業で複合型スポーツ教室を開校した=東京都江東区有明 新規事業に注力するニッポン放送は、新日本プロレスリングとの協業で複合型スポーツ教室を開校した=東京都江東区有明

 スマートスピーカーの普及なども見据えて、森岡主任は「今後も音声コンテンツは増えていくとみられるが、聴きたいコンテンツを探す方法がない。音声検索が普及すれば収益化にもつながる」と話す。

 このほか、昨年12月から「世界一謎があるテーマパーク」と銘打ち、同局を含む4社でエンターテインメント施設「東京ミステリーサーカス」を東京都新宿区歌舞伎町にオープン。制限時間内に暗号を解くなどして謎解きを楽しむ複数の“リアル脱出ゲーム”を体験できる。入場者は8月末までに25万人を数え盛況だ。

 森岡主任は「昔から『ラジオもやってるニッポン放送』と言っているが、収益化も考えながら、ラジオ以外のことでも面白いこと、楽しそうなこと、世の中のためになることがあれば、新規事業としてどんどんウイングを広げていきたい」と話している。

                  

 ■収益構造の転換狙う

 ニッポン放送では新規事業の展開に当たり、編成や営業など各部署から15人ほどの社員を集め、組織を横断する「ネクストビジネス戦略委員会」を設置している。委員会のメンバーはいずれも本来業務に従事しながら、それぞれの専門性を生かして新規事業の運営に当たっている。

 新規事業の狙いについて同局の岩崎正幸社長は「ズバリ、放送以外の収益を上げること。(現状の)収益構造は、売り上げ、利益ともに放送の占める割合がかなり大きい。放送収入が頭打ちになっていく中、放送収入に頼った収益構造を変えていきたい」と強調している。

「エンタメ」のランキング