産経ニュース

芥川作曲賞に坂田直樹の「組み合わされた風景」

エンタメ エンタメ

記事詳細

更新


芥川作曲賞に坂田直樹の「組み合わされた風景」

 新進気鋭の作曲家の登竜門として知られる第28回芥川作曲賞(サントリー芸術財団主催)の選考会が東京都内で開かれ、坂田直樹(さかた・なおき)(37)の「組み合わされた風景」が選ばれた。賞金は50万円。坂田さんには同財団が新作を委嘱(いしょく)する。

 芥川作曲賞は平成2年に創設された賞で、日本の音楽界に大きな功績を残した作曲家、芥川也寸志(1925~89年)の名を冠している。選考過程を公開するユニークな手法で知られ、「組み合わされた風景」は「多彩な音響が強固な骨格に支えられた秀作」「長くしなやかな持続性も極めて魅力的」などと高く評価された。

 坂田は昭和56年、京都生まれ。愛知県立芸術大などを卒業し、パリを拠点に音楽活動を展開している。武満徹作曲賞や尾高賞など受賞多数。

「エンタメ」のランキング