産経ニュース

モントリオール世界映画祭で「散り椿」が審査員特別グランプリ 「終わった人」の舘ひろしさんが主演男優賞を受賞

エンタメ エンタメ

記事詳細

更新


モントリオール世界映画祭で「散り椿」が審査員特別グランプリ 「終わった人」の舘ひろしさんが主演男優賞を受賞

 岡田准一さんが主演した映画「散り椿」の一場面。モントリオール世界映画祭で審査員特別グランプリを受賞した  岡田准一さんが主演した映画「散り椿」の一場面。モントリオール世界映画祭で審査員特別グランプリを受賞した

 カナダで開催されていた第42回モントリオール世界映画祭で3日夜(日本時間4日)、授賞式が行われ、木村大作監督の「散り椿」が、最高賞のグランプリに次ぐ審査員特別グランプリを受賞、中田秀夫監督の「終わった人」に主演した舘ひろしさんが最優秀男優賞を受けた。各配給会社が発表した。日本作品の審査員特別グランプリ受賞は昨年の「幼な子われらに生まれ」以来。最優秀男優賞受賞は1999年の高倉健さん(「鉄道員」)以来となる。

 配給会社によると、授賞式では審査員から、「クロサワ(黒澤明監督)を思い出した。この作品は絵画(のような場面)の連続だった」と受賞理由が発表された。木村監督は「みんなでもらった賞。日本の美しい時代劇が世界で認められたことを大変うれしく思う」とコメントした。 

 「散り椿」は葉室麟さんの同名小説を映画化。江戸時代を舞台に、一度藩を追放されながらも不正に立ち向かう男を描いた作品だ。岡田准一さんが主人公の新兵衛を演じ、ほかに麻生久美子さんや西島秀俊さんが出演している。日本では28日全国公開。

 「終わった人」は内館牧子さんの小説が原作。仕事一筋に生きてきたエリート会社員が、定年後に自分の居場所を見失って戸惑う姿を舘さんがコミカルに演じた。日本では今年6月に公開された。

「エンタメ」のランキング