産経ニュース

【気になる!】コミック 『お金さま、いらっしゃい!』 金銭のやりとりない村を出て社会に接した著者の驚き

エンタメ エンタメ

記事詳細

更新

【気になる!】
コミック 『お金さま、いらっしゃい!』 金銭のやりとりない村を出て社会に接した著者の驚き

『お金さま、いらっしゃい!』 『お金さま、いらっしゃい!』

 「所有のない社会」を理想とし、農業を基盤とした共同体で生まれ育った著者の実体験をつづった「カルト村」シリーズ第3弾。お金のやりとりがない村を出て一般社会で就職し、「お金」を手にした著者のとまどい、驚き、感動が丁寧に描かれている。

 持つことが許されなかったがゆえに、お金に対する著者の憧れは人一倍強い。大切だからこそ、1円を無駄にせず、きっちり管理し有効に使おうと努力する。その姿勢は「お金が当たり前にある社会」で生きてきた大半の読者にとって逆に新鮮であり、参考にしたくなる生活の知恵も満載だ。(高田かや著、文芸春秋・1000円+税)

「エンタメ」のランキング