産経ニュース

【TVクリップ】「FNS27時間テレビ」村上信五

エンタメ エンタメ

記事詳細

更新

【TVクリップ】
「FNS27時間テレビ」村上信五

「自然と引き込まれる」今年のテーマは「食」

 昨年の放送から、大半を収録に切り替えた「FNS27時間テレビ」。年に1度の長丁場の番組で、今年も総合司会のビートたけしを支える「キャプテン」として番組に臨む。

 「去年は手探りでしかなかったですからね。考えても仕方ないから、できることを精いっぱいやろうと。今年は去年の土台があった分、非常にやりやすくもありました」

 収録の最終盤を迎えた段階で、手応えを感じたように、今年の番組での自らの“働きぶり”を評した。

 〈にほん人は何を食べてきたのか?〉をサブタイトルとする今年のテーマは「食」で、「自然と引き込まれるテーマ」と受け取った。高級食材やアレンジ料理、それに“チョイ足し”といった手法などの身近な部分から、日本人が時代ごとに食べていた食材、料理、献立、さらに歴史の中で消えていった品種などまでを多彩に取り上げる。たけしが食レポに挑む“レア”なシーンもある。

 「明治時代から考えると、食の質は上がっている。今、僕らが日常食べているものが、どれだけぜいたく品なのか、と。先人に対する感謝が非常に深くなりましたね」と話す。さまざまな視点や角度から食を掘り下げてくれる27時間となりそうだ。

続きを読む

「エンタメ」のランキング