産経ニュース

仲里依紗「いつか怖がらせる役を」 『連続ドラマW イアリー 見えない顔』

エンタメ エンタメ

記事詳細

更新


仲里依紗「いつか怖がらせる役を」 『連続ドラマW イアリー 見えない顔』

「大学に通ったことがないので、役作りのため、スタッフに撮影してもらった大学の講義動画を見ました」と話す仲里依紗(寺河内美奈撮影) 「大学に通ったことがないので、役作りのため、スタッフに撮影してもらった大学の講義動画を見ました」と話す仲里依紗(寺河内美奈撮影)

 女優の仲里依紗(28)がWOWOWの「連続ドラマW イアリー 見えない顔」(土曜午後10時)で、主人公の義妹であり、心に闇を抱える大学講師の水島麗を演じている。「他人の視線が怖くなる、ぞっとするような作品。水島は少し自分と似ているかもしれない」と話す。「あなたのことはそれほど」(TBS)や「ホリデイラブ」(テレビ朝日)など、サスペンスドラマへの出演が続くなか、今回はどんな表情を見せているのだろうか。

 原作は、日常生活がじわじわと侵食されていく恐怖を描いた前川裕の同名小説。妻を亡くした大学教授の広川誠司(オダギリジョー)の家の周囲では、隣人の不審死や近隣トラブルが相次ぐ。広川は妻の妹であり、同僚の水島と不倫関係にあった。やがて広川らは大学総長選挙にも関わる、大きな陰謀に巻き込まれていく-。

 「最初、台本をお風呂で読んでしまい、誰かに見られているような気分になって、とても怖かった」と振り返る。「不穏な雰囲気の作品は好き。コメディーの明るいキャラクターもすてきだと思うけど、演じると疲れてしまう」

 今回演じる水島は、内に秘めた強さを持つ自立した女性だが、母親によく思われたい、周囲に頼られたいと願うなど、他人の目を気にする傾向がある。「人に良く思われたくて、頼まれたことを断れないなど、無理をしてしまうところがある」と話し、「私はそう無理をしているつもりはないけど…気持ちはわかる。ちょっと似ているかも」。

 自身の性格を「内向的なところがあり、仕事以外では人見知り」だと分析する。初対面の人が多い撮影現場では、よく撮影以外の時間を持て余すといい、今回は「誰にも話しかけられなくて困っていたら、オダギリさんが声を掛けてくれて助かった」と笑う。

 サスペンスやホラーが大好き。ホラー映画の話になると生き生きして「本当は怖がる主人公側でなくて、怖がらせる化け物の役がやりたい」と話す。女優を始めたころから「ゾンビ役をやりたい」と言い続けているといい、「配役の希望がかなったためしがないんですよ」と嘆く。

 「怖い話って夏でも涼しくなる。『イアリー』もそう。人間のぞっとした醜さが描かれていて、怖いけど展開が楽しみな作品になっています」と笑顔をみせた。(三宅令)

「エンタメ」のランキング