産経ニュース

【映画深層】レバノン出身の監督が描いた祖国のいま 「判決、ふたつの希望」

エンタメ エンタメ

記事詳細

更新

【映画深層】
レバノン出身の監督が描いた祖国のいま 「判決、ふたつの希望」

レバノンを舞台にした映画「判決、ふたつの希望」の一場面 PHOTO(C)TESSALIT PRODUCTIONS - ROUGE INTERNATIONAL レバノンを舞台にした映画「判決、ふたつの希望」の一場面 PHOTO(C)TESSALIT PRODUCTIONS - ROUGE INTERNATIONAL

 レバノンと聞くと、内戦による疲弊やパレスチナやシリアからの難民問題などで、映画どころではないだろうと考えがちだが、フランスとの合作「判決、ふたつの希望」(8月31日公開)は、レバノンならではの社会性を帯びながら娯楽性にもあふれた作品で、今年のアカデミー賞外国語映画賞にノミネートされる快挙を達成した。

履歴書のような作品

 「社会的な映画を作ろうと思ったわけではなく、ただ直感でストーリーを組み立てたんだけどね」と、来日したジアド・ドゥエイリ監督(54)は飄々(ひょうひょう)と語る。そのストーリーは、主人公はどんな人間で、どんな過去を持ち、何を求めているか、ということだけを考えて書いた。また、レバノンの首都ベイルートで体験した出来事を下地にしたという。

 とあるアパートの補修作業を行っていた現場監督、ヤーセル(カメル・エル=バシャ)は、住人のトニー(アデル・カラム)ともめて、「くず野郎」と吐き捨てて立ち去る。収まらないトニーは工事会社にヤーセルの謝罪を要求する。所長に伴われて渋々謝りにきたヤーセルだが、トニーの放った一言に激怒して…。

 ヤーセルはパレスチナ移民のイスラム教徒、トニーはキリスト教系政党を熱心に支持するレバノン人という背景もあり、法廷闘争に持ち込まれたこの小さないざこざは、やがて国を挙げての大騒動に発展していく。

 昨年のベネチア国際映画祭に出品され、ヤーセル役のエル=バシャがパレスチナ人として初めて最優秀男優賞を受賞するなど、世界各地で評判を呼んでいる。

 ドゥエイリ監督の実体験とは、ある配管工と口論になったことがきっかけでその男性が解雇されてしまったというものだが、その前からこの作品の心理的な部分は自分の中にあったのではないかという。

 「ある意味、自分の人生の履歴書のようだともいえる」

続きを読む

このニュースの写真

  • レバノン出身の監督が描いた祖国のいま 「判決、ふたつの希望」
  • レバノン出身の監督が描いた祖国のいま 「判決、ふたつの希望」
  • レバノン出身の監督が描いた祖国のいま 「判決、ふたつの希望」
  • レバノン出身の監督が描いた祖国のいま 「判決、ふたつの希望」
  • レバノン出身の監督が描いた祖国のいま 「判決、ふたつの希望」

「エンタメ」のランキング