産経ニュース

【シネマプレビュー】オーケストラ・クラス

エンタメ エンタメ

記事詳細

更新

【シネマプレビュー】
オーケストラ・クラス

フランス映画「オーケストラ・クラス」の1場面 (c) 2017 / MIZAR FILMS / UGC IMAGES / FRANCE 2 CIN?MA / LA CIT? DE LA MUSIQUE - PHILHARMONIE DE PARIS フランス映画「オーケストラ・クラス」の1場面 (c) 2017 / MIZAR FILMS / UGC IMAGES / FRANCE 2 CIN?MA / LA CIT? DE LA MUSIQUE - PHILHARMONIE DE PARIS

 アフリカ系、アラブ系の移民が多く暮らすパリ19区。小学校の音楽教育プログラムでバイオリンを教えることになったシモン・ダウド(カド・メラッド)は、教室に案内されて愕然(がくぜん)とする。子供たちは音楽の素養がないばかりか、誰もダウドの言葉に耳を傾けず、お互いにののしり合う始末。バイオリニストとしての活動に未練があるダウドは、ほんの腰掛けのつもりで練習を始めるが…。

 2015年のブラジル映画「ストリート・オーケストラ」そっくりだが、こちらフランス版は一切の背景を説明せず、まるでドキュメンタリーのように物語を編み上げる。この教育プログラムのことを知らない身としては戸惑うばかりだが、移民の子供たちのやりとりをそのままカメラで切り取った映像には勢いがあり、真実味にあふれる。演奏曲が「アラビアンナイト」をモチーフにした「シェエラザード」というのも絶妙で、自身もアルジェリア移民であるラシド・ハミ監督の思いがじんわりと心に染み入った。18日、東京・ヒューマントラストシネマ有楽町などで公開。1時間42分。(藤)

 ★★★(★5傑作 ★4見応え十分 ★3楽しめる ★2惜しい ★1がっかり)

「エンタメ」のランキング