産経ニュース

【メディア会見録】7月(中) フジテレビ社長「復活の手応え」 就任1年を総括

エンタメ エンタメ

記事詳細

更新

【メディア会見録】
7月(中) フジテレビ社長「復活の手応え」 就任1年を総括

「放送外収益の比率を3割に」

 【ニッポン放送会見、7月11日午後2時~】

 《放送やイベント事業以外で取り組む新たなビジネスについて、牧田英之常務が説明した。東京・新宿の謎をテーマにしたテーマパーク「東京ミステリーサーカス」、ドローンスクール事業に加えて、新日本プロレスと協業して開校した複合型スポーツ教室を手掛け始めた》

 牧田常務「東京都江東区に常設のスポーツ教室を開校し、子供向けレスリング、ボルダリング、(ゴムのバンドの上を平均台のように移動する)スラックラインフィットネス、ストループス(ゴムの引っ張り合い)、プロレスを使ったエクササイズの5つの教室を常設。その道のベテラン有名レスラーなどを講師にし、子供たち中心に生徒を募集している」

 岩崎正幸社長「新規ビジネスの狙いはズバリ、放送以外の収益を上げること。シナジー(相乗)効果の高いものに関してやっていく。いろんなところで“バットを振らないと”当たらない。会社の収益構造は売り上げ、利益ともに、放送が占める割合がかなり大きい。少しでも放送の比率を減らすことを目指している。5年、10年先には放送と放送外の比率を7対3…とまでは言わないが、それに近いレベルにすることを目標にしている」

続きを読む

「エンタメ」のランキング